2015年09月07日

緑のドレスとぬいぐるみの夢〈後篇〉


緑のドレスとぬいぐるみの夢〈前編〉の続きです。
〜〜前篇のあらすじ・龍のぬいぐるみと共に空を飛ぶ夢を見た私は、要注意を告げる夢占いを見て落ち込んでました。気を取り直して買い物に向かったお店で嬉しそうに歩く男の子の笑顔にはっとして、自分を見つめなおします。〜〜

今あらすじを書いて、最初っからこうやって書けば前後編にしなくてすんだのになあといまさら思っていますが、夢の話を書き出すのは意外と面白かったので、この形でよかったです。(自分に言い聞かせ中)

さて続き。

男の子の天真爛漫な笑顔を見て、ふと我に返った私。その後、お店の棚を見て歩きながら、今回の不調の原因をぼんやり考えていました。2つ、3つ。今までにこんな場合も調子が悪かったなあと思い返していたのですが、ふっと世界を見る視点が変わった瞬間があったのです。

通常の私はビジュアル以外の部分を使ってチャネリングすることがほとんどですが、8月末位からビジュアルを通して感じる部分が変化してきていて、今までにないビジョン風の何かを垣間見たりしています。その時もふっとものの見え方が変わった瞬間がありました。時間にして1秒ほどあったのでしょうか。辺りを見渡した時の感触を今思い返しております。

目の前の景色の中にあるモノの質感、立体感がふっと変化して、私と世界との間に薄い膜があるかのような不思議な感覚でした。その瞬間自分の中の何かの認識が切り替わってゆくのを感じました。

以上が私が体感したことで、これから書くことは私がそこから感じた私個人の考察です♪

この世界は私の内側にあるものが投影されている、という考え方を目にすることがあります。私の感じ方としては具象化されている部分に関しては共同創造だろうなあと思っていますが、私があって具現化された世界があって、それらは互いに影響を及ぼし合っているのだと思っています。

洋服や言葉だとわかりやすいかなあと思うのですが、社会とはこういうもの、という認識が頭の中にあって、場所や目的に合わせた洋服や言葉遣いを選んだりします。現実の社会の他に、頭の中にも社会とはこういうもの、という認識があって、それらを日々更新しながら暮らしているように思います。

私が買い物先で感じた不思議な感覚の中で、私が思う『社会』と現実に目の前に存在する社会との乖離を体感したように感じました。その時感じたことは、今確かに社会の側の変化が早くなっていっている。というものでした。

洋服や言葉を私が認識する社会というものに添うように選んで行くように、今の世の中はこんな感じだから、こんなワークをこのような形で提供してゆこう、その為には私の身体のモードはこんな感じにしておこう、ということをしているのがエネルギーワーカーさんなのかなあと思います。

無意識のままに、ナチュラルに調整されてゆく方もいらっしゃるかもしれませんし、どなたかにご指導なりアドバイスをいただいて行ってゆかれる方もいるかもしれませんね。

私は今世の中が変化していっていて、封印解除を必要としている方が増えてきています。という言説を繰り返し目にしていても、そうなのかなあ?とあまりピンと来ていませんでした。自分でも自分自身を納得させようとして、(多分そうなんじゃないかなあ)とこっそり言い聞かせたりしておりましたが、なぜか腑に落ちてゆかない。

でも今回の一斉ワークを企画するにあたって、「今なら自分で責任をとれる時代になってきている」というアドバイスをいただいて、一歩踏み出す勇気をいただきました。そして、昨日の体験を経て、本当に世の中が今変化してきているのだなあということを改めて体感することで垣間見ることが出来ました。

封印って種類にもよりますが、封印されてあることもまたギフト、というような時代もあったかと思います。でも、これだけ時代が変化してくると、封印を封印のまま抱えていること自体が生きづらさにつながってしまう。そんな場合もあるのかもしれません。

あなたらしく花開く、今回の封印解除のテーマでもあります。今回の経験を経て、私自身がよりこのテーマに向けてコミットしてゆく準備が始まったように思います。

ご自身で責任をとる覚悟が出来た方、ご縁があります方のお手伝いをさせていただけること、この上ない喜びです。長文を最後までお読みくださり、本当にどうもありがとうございました。
ナイアガラと黄色いガーベラ小.jpg

9/12開催の遠隔一斉・再会のワーク〜あなたが花開くための封印解除〜へのご案内はこちらです。お申し込みは上記リンク先HP内の専用お申し込みフォームよりお願いいたします。





posted by e-aprico@杏の木 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記