2015年09月12日

一斉ワーク御礼&終了後のグラウンディングについて。


9月12日の早朝に、一斉ワークを行わせていただきました。ご参加くださいました皆様、本当にどうもありがとうございました。大地の上で生きていること、人の世に生きていることの嬉しさを今噛みしめています。

私自身も様々にギフトをいただいてしまいました。また稿を改めて書かせていただこうと思います。

遠隔一斉ワークとしてのワークの後、お昼12時頃までグラウンディングを緩やかにサポートさせていただきました。ワーク自体が終了しても、肉体の側に落とし込んでゆく作業は受け取る方により様々になります。

体感の有無は、それほど気になさらなくて大丈夫かと思います。もし、自分の変化をお知りになりたいという方には、いつもはあまりとらない行動パターンをとってみることも一案です。周囲に気兼ねしてやりたいけれどもあまりしてこなかったことをやってみるとか、通る道を少し変えてみるとか。いつもは会釈だけの方に挨拶をしてみるとか。食生活などだと、あまり大きく変化させるとものすごくつらい場合もありますので、緩やかに変更を試してみるとか。

グラウンディングの過程で、一時的に少し混乱したり、ぼんやりしたり、ということがあるかもしれませんが、そういえば一斉ワークを受けたからかもしれない、と感じていただく、今、変化のプロセスにあるのかもしれない、と思いだすことでも少し落ち着いてくる場合があります。

HPで無料でお届けしている慈愛のエネルギーも、グラウンディングを促してくれる場合があります。HPの慈愛のエネルギーを受け取ることで、ご自分の内面が見えてきたという御感想も複数いただいておりますので、内省の助けになる場合もあるかもしれません。

ご自身の内面を少し言葉にまとめてみることもお勧めです。走り書きでも、思いついたことでもよいので、数行書き出してみることもグラウンディングにつながります。

今回の一斉ワークを受け取って感じられたことなどがありましたら、感想としてお送りいただくことも一案です。お礼に無条件の愛のエネルギーをお届けしております。もしかしたら、おまけでもう少しお送りしちゃうかもです。

私も自身の封印のいくつかが解放されたばかりのようで、まだ長い文章を綴れずにおります。箇条書きで失礼いたします。

皆さまにとりましての最善を心から願っております。

最後までお読みくださり、本当にどうもありがとうございました。
重陽の菊mini.jpg

posted by e-aprico@杏の木 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記