2015年11月07日

お家であん蜜

地元の田舎道は走れても、知らない街で車を運転するのはドキドキです。今日は長野市市街地に映画を見に行ってきました。ネットで席を予約して、余裕をもって出発したつもりが、土曜日お昼の渋滞で、なかなか前に進みません。橋のたもとで前の車が止まってしまった時はどうしようかと思いました。映画開始時刻のころにようやく駐車場に到着。チケット発券に手間取り、予告編も終わり、本編が数分始まったころようやく席に着くことが出来ました。

もう先週一度見た映画なので、今回はゆっくりディテールを味わえます。隠しメッセージにも目を向けることが出来て、一度目にどうかなあと思った部分も、今回はさほど気にならず。やっぱり2度目を拝見できてよかった。

帰り道ちょっと一休みと思ったら、時より立ち寄っていたお店が様変わりしている模様。時の移ろいを感じながら餡蜜をテイクアウトして自宅でいただくことにしました。
杏餡蜜中.jpg
変わらないものって本当はないのですね。揺らぎ、移ろい、変わってゆく。
まずは自分自身をもっともっと労わってゆこうと思った午後でした。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記