2015年11月14日

麻の布

たしか、麻布をロールで買って帰ったのは、春ごろだったと思います。そこから袴を縫って、長着を裁断して。

しるし付けをして、袖を2枚仕上げて、背縫いを縫った辺りで、ぱたりと和裁から遠ざかってしまいました。

夏用のワンピースを続けて縫ったのもありますが、時期もあったのかな。

9月にようやく再開。最初は和裁の勘所を思い出すべくゆっくり縫い始めました。ようやく襟を仕上げて、脇縫い、右そでを終えて、あとは左袖を残すのみとなりました。

今日の午後、ようやくしつけを終えたので、あとは縫い始めるのみ。私自身の変化ともとても呼応しているキモノなので、少し心がドキドキしています。

一歩歩み出すとき、ドキドキしますが、無心で今を見つめてゆこうと思います。

続きを頑張ります☆ 最後までお読みくださり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記