2015年12月20日

動くときと休むときと

金曜日に地元で映画を見てきました。その時来場なさっていた楽器製作者の方の言葉を繰り返し噛みしめています。木に鉋をかけるときに、木の感触を感じるとともに、そこに向かっている、力を加えている自分自身をもしっかりと観察してゆく。木との対話の大切さを著書の中でお話しなさっていらっしゃいます。同時に自分自身の内なる感覚を大切にしていらっしゃる姿に心がしみじみあたたまるとともに、私自身も、と身が引き締まる思いです。

自分の感覚を大切にすること、そして、自分の身体からのメッセージを受け取ること、日々心がけているつもりでも、いつの間にか無理をしてしまうことがあります。歳末ということで、気持ちが焦りがちになってしまうところをゆっくりにと自分に言い聞かせていましたが、それでも気が付かないうちに無理が続いてしまったようです。

今日も楽しみにしていたお出かけがあったのですが、数日前から無理そうだなあとあきらめモードに。今回は体調管理を優先して、お家でゆっくり過ごしました。


続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記