2016年09月02日

ようやく梅!

313_s.jpg今日は食べ物のお話。

ようやっと塩漬けにしてあった梅を干せました。土用干しのころから気にかかっていたのですが、そこまで気持ちが回らず。ざるをどうしようとか、枝葉のことばかり考えていました。

9月でもOKの記事をネットで見かけて、ようし、私もきっと9月!と楽しみにしていました。

怒涛の8月も無事終わり、木綿の布を水通しするためにベランダに出てみたら、サンサンと日が当たってます。「いまでしょ!」と思って、早速準備にかかりました。

梅酢に使った梅をざるにあげて、一粒ずつ水けをきってお皿に並べます。漬け込んだ時期が遅かったせいか、皮もさほど破れていず。塩分量を大幅に間違えてしまったので、溶けのこった塩の上に乗っていた子たちはしわがよってしまいましたが、それもまた個性。

途中何度か裏返して、大粒の梅たちは、ころんとしわんと、それぞれ可愛く干しあがりました。

赤紫蘇を漬け込めなかったけど、それはまた来年のお楽しみ。申年の梅干からデビューできて、とても嬉しいです。

今一粒かじってみたら、心配したほど塩辛くもなく。お料理に使ったり、お吸い物のアクセントにするにはこれくらいなのもよいかも☆

梅酢も色々に使えそうだし、これから1年楽しみです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯投稿