2017年06月02日

私のペースで

1615_s.jpg心が自由になる言葉か゛好きです。先月までは、 『数多の投影』@Leaves Institute Yumiko Naka )という言葉か゛様々な場面で私に寄り添ってくれました。投影を敵視せず、数多あるもの、数多の方々にあるもの、と言っていただけたようで、(私の解釈)呟くたびに心が少しだけ軽くなるのを感じていました。

先日統計学的なブログの投稿を読みながら、いつの間にか内省モードに入っていました。3つか4つ位、時間にしたら1時間程度だったと思うのですが、私にとっての適量をいつのまにか越えてしまっていたようでした。

自己分析の参考にと軽い気持ちで読みはじめたのが、自己像の再構築が必要な程心に堪えてしまいました。
以前警句の時も思ったのですが、どんなによいとされているものでも、合う合わないがあるし、適量ってあるなぁ、と改めて実感したのでした。

私にとっての真実は私自身のペースで納得しながら出会ってゆきたい、そう思った時、なせリーディングセッションに苦手意識がつきまとうのか、少しだけ見えてきたのでした。

相手の方に何をどこまでお伝えしたらよいのだろう、というのが、無意識下にあり、相手の方の最善を!と過剰に感じてしまっていたようでした。

呪縛をといてゆく際に誰かの存在からヒントを戴くことって、多い気がします。
そのヒントを自身の中で、あたためていって、ポンと外れる瞬間、景色の見え方まで変わってくる気がします。

苦手なものがある自分も、不可思議なこだわりを手放せない自分も、私は私。

とかく頭でぐるぐる考えてしまう傾向があるので、しゅるっと力を抜くこと、心がけてゆこうと思います。
後日少し書き足すかもしれません。昨日からマイブームのフレーズについてはまた後程。


最後までお読み下さり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯投稿