2018年05月09日

一歩一歩

昨日は10日ぶりにブログ記事を投稿させていただきました。言語化の回路が少し動き出したので、その後、先月受取らせていただいた一斉ワークへの感想を書いておりました。

経緯をあらためて意識しすることで見えてくるものがあり、貴重な学びをさせていただいたことに感謝の思いが湧いてきました。ステキポイントがいくつかあるのですが、私がきゅん!としたのが、ワークが身体に入ってくる場面です。「あ、今受取った!」という存在感があっても、異物感や違和感を感じないというこの絶妙さ。。今、変化のプロセスが、とても早くなっていて、重層的に多方面からの働きかけを受取っている方々もいらっしゃるようです。何がどう作用してどうなっているのか、その一つ一つを感じることはとても大変だろうと思います。私の意図に呼応して受取らせていただいたこと、それを始動させるきっかけを自ら意図できたことはとても大切な節目になりました。

続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記