2018年11月15日

シナモンロールが教えてくれたこと、その後

特に続き物、というわけではないのですが、前回の投稿で、自分にとっての好みを追求していったら、思いがけなく幸せが降ってきた、というお話をさせていただきました。

今回はその後。魔法のように美味しかったシナモンロールは、「冷めたばかり」、というパンの世界のマジックアワー的なスペシャルタイムに因るところが大きかったようでした。翌日あたためなおしたら、うん。まあ美味しい。。というくらいに落ち着いていて。でもその後いただいた葡萄パンの「冷めたばかり」はやはり刮目するほど美味しくって、自宅で焼くパンの醍醐味をいただいている感じでした。シナモンは全体に散らばるより、ぎゅっと濃縮して折り込んだ方が良いのかも、とベーグルの真ん中にシナモンバターを練り込んだりして、小さな工夫を楽しんでます。
続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月11日

シナモンロールが教えてくれたこと

いつからか、「多くの方に」とまだ思っていた自分がいたことに、ようやく気がついたのは数日前。いやいや、そこじゃなくて、私の好きと楽しいとをもっと追い求めていった方が良いんでない?という、至極まっとうな当たり前のことを見過ごしていたのでした。

当たり前のことのようですが、そんな思い込みとしがらみが自分に合ったことに気がついただけですっごく気持ちが軽くなり、よーしシナモンロールを作っちゃお、と作り方を検索してみました。

卵やバターを生地自体に混ぜ込んでふわふわにするレシピが多く、いやいや、と自己流アレンジ。黒糖とバターとシナモンでペーストを作って、1次発酵を済ませた生地に乗せてくるりとまいて6等分。ドキドキしながら焼いてみたら、とっても美味しくできあがりました。
続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記