2018年11月27日

表と裏と

編み物にすっかりハマってます。まだ初めてのことばかりでとても新鮮。ここ数日鹿の子編みに挑戦中。「表編みと裏編み」という一番基本の編み方を組み合わせる編み地なのですが、此れが思った以上に大変でした。

今までゴム編とか縄編みとか、流れに乗る形ですすんでゆく編み方だったので、それがすっかり当たり前になっていたところ、鹿の子編みって前の流れに真っ向から逆らう編み方。ココで表編みでしょ〜、というところで裏編みを編む。何度も頭にハテナが浮かんで、あれ?今は??と自分がどこにいるのか分からなくなることが何度も。

器用な方からしたら、何をそんなところで?という話かもしれませんが、さんざん苦労した身としては、固定概念を覆すというのが、こんなにも難しいのかと改めて実感しました。
続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記