2019年03月07日

少しずつ春の支度

3月になりました。

花粉症の方やアレルギーをお持ちの方は大変な季節なのかもしれませんね。私はゆるいアレルギーと化学物質への耐性の弱さがあるので、春から夏にかけての時期は毎年憂鬱です。それなのに、のんきな私は「春が大変な季節」という図式をすっかり忘れていて!お友達の投稿を見て、わ!そうだった〜と思い出したのはほんの数日前でした。身体からの声をいつも以上に丁寧に聞いてゆかないと!と改めて感じています。

身体からの声って、自分のことなのに、つい後回しにしちゃうんです。「気のせいかもしれない、先入観かもしれない、これ位なら大丈夫、前回大丈夫だったし、今回も大丈夫」。後回しにする言い訳なら、いくらでも思いつきます。「ゆるっとできる、無理しすぎない」方向の舵と「あれっと思ったら控えめにする、頻度を下げるなど、出来る範囲を探す」方向の舵と。さじ加減というか塩梅というべきか。このところ無理しすぎない方向の舵が増えてきていたので、もう少し「控えめ」方向の選択も増やして行こうかな。
続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記