2020年11月06日

小さな小骨のように(続)

11月4日に「小さな小骨のように」という投稿をしました。小骨のように、とやんわり書いた部分でしたが、私の深いところに染み渡ってゆき、その後、ブログ投稿が滞ってしまいました。

今、夜明け前、ということなので、前日の日付にて投稿させていただきます。

私にとっての小骨は「つい萎縮する癖」でした。もう習い性のようにしぜんににじみ出てきてしまうので、よほど注意していても、なかなか止められません。あ、これ少し萎縮かな、と思っても、まあこれくらい、と自分につい甘くなってしまうのです。
続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記