2021年04月03日

柔らかで、軽やかな。dignity

以前書いた、『dignityについて夜中に感じたこと』(2014年3月3日、そのままのあなたへ)という記事、昨日読み返してみたのですが、その時も、dignity が気になるけれど、うまく言葉に出来ない旨を綴っておりました。今も、定期的にdignity に思いをはせているというのに、まだ、心にしっくりくる日本語訳が見つかっておりません。

先ほども、該当ページを開けたまま、どうしようか思案しておりましたら、操作ミスで、同じページがもう一枚開かれてしまいました。これはもう、『dignity』を、4月のテーマにするしかありませんね。このことについて、思案してみます。

続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記