2014年06月30日

エネルギーワークモード&畳んで重ねて

〜〜7月7日に七夕瞑想会〜星に願いを〜を開催いたします〜〜

7月7日の瞑想会に、お申し込みフォームよりお申し込みをいただいております。目に止めてくださった方々、ほんとうにありがとうございます。

願望実現系の瞑想会を今私が開催する意味を、この週末つらつらと考えておりました。今朝ふと思い当ったのは、私がエネルギーワークをするときのことでした。

エネルギーワークモードでクライアントさんと向き合う時、いつも目の前にいらっしゃるのは美しい光の存在です。一番最初に覚醒してリーディングを無料でモニターさせていただいている頃から、人ってこんなにも輝いて美しいのかと思っていました。

光の部分が見えることが、一時悩みだったこともあって、何度も当時のスーパーバイザーに相談して、能力調整していただきました。でも、私の身体に一番負担が来ない方法で、しかも、ワークに必要な部分にフォーカスしてリーディングしたい、という私自身の望みがこのような形で具現化したのかも、と思うことで、何度も自分を慰めてきました。

陰陽師モード全開でクライアントさんと相対するときは、また違う形で感じられるので、その変化もとても嬉しいです。どちらも私なりに深めて行けたらいいなあと思っています。

7月7日の夜は、瞑想会ファシリティターとして、みなさまの光の部分を垣間見させていただけること、ただただ幸せに思います。すでに光の存在である皆さんと願いをお尋ねするだなんて、なんだか少し畏れ多いのですが、地球に肉体を持って具現化なさっている皆様が星に宇宙に想いを馳せるひと時を過ごしていただけたら、嬉しいです。

星に願いを届けることを私も今絶賛練習中です。昨日の夜くらいから、願うことそれ自体の嬉しさを噛みしめております。

私の中に願いがある、私の中の願いと出会えた、今の私はそのこと自体が新鮮で嬉しいので、あ、今私願ってる♪と思うたびに胸の底がほっこりあたたかくなります。

私も何かを願うことの初心者なので、ご参加くださる皆様にどのようにお伝えしたらよいのか手探り中です。何か感じることがありましたら、こちらのブログでお伝えさせていただこうと思います。

最初に『畳んで重ねて』というタイトルをつけてブログを書きだしましたのに、一言お礼を申し上げるつもりが、長くなってしまいました。以下『畳んで重ねて』です。

春に陰陽師ワークの講習を受講して以来、たくさんチクチクを続けてきました。そういえば、いくつも縫ったなあと思い、今日は春から縫い上げたものを積み重ねてみました。

和服の作りなので、全て平らに畳めます。袴が2枚と半幅帯と肌着が一枚、半着が3枚。一箇所に集めてみて、改めて感慨がわいてきました。

今朝は久しぶりに午前中からの陰陽師ワーク、畳んで重ねたワーク着達にワークをさせていただきました。モノに対するワークは大好きです☆

最初にオーラを見てみると、なんだか上の方ばかりが光り輝いております。ライトワークが多かったのかもですね。。祓うというより、風に任せて預けてゆくワークが多かったように思います。余計な気負いを取り去って、より自然体で私に寄り添ってくれるように願ってワークさせていただきました。

最後に結界を張りましたら、3という数字が。3日もかかるのは、、と思って、3時間モードでお願いすることにしました。

私の中の気負いも過剰に膨らみ過ぎることなく、有り余る部分はゆっくり溶けて行ったらいいな。

最後までお読みくださり、ありがとうございました☆
posted by e-aprico@杏の木 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100848047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック