2015年07月03日

自分を受け入れてゆくプロセスの中で


7月4日夜に開催する一斉ヒーリングに、早速お申し込みをいただきました。ありがとうございます。

告知を終えた後から、自分の中での変化がすでに始まってゆきました。自分の中で無自覚だった部分が、一斉ワークを日本語として表現したことで、より具体的なものとして私の中で熟成?が始まっていったようでした。

慈愛のエネルギーの中に癒しを越えて、一歩先に歩み出すための要素が入っていることは以前から気になっていましたが、その事をいつかしっかりお伝えしなくてはなあと考えておりました。私の中で、その事にしっかり向き合いたい、その想いが強すぎて、なんだか生真面目な、きゅっとしてどこか怖がりな告知文になってしまいました。

私の中で、「きちんと」という想いが膨らんでゆくと、その事につい一生懸命になりすぎてしまうのですね。覚醒という言葉にとらわれ過ぎていたのは、誰より私自身かもしれません。

今までとは違う見方で自分を見つめられるようになったり、日常の中で小さな幸せを見出せるようになったり、何かの変化が起こることはなにもヒーリングを受けなくたっておこることがよくあります。テレビのニュースがきっかけになるかもしれないし、インターネットの無料動画で心が動かされることだってあるかもしれません。それを気付きと呼ぶのか、感動と呼ぶのか、魂の進化と呼ぶのか。名前は色々にあるかもしれないけれど、私たちが有限な生の中で、変化を続けていることは確かです。

今回わざわざ一斉ワークのサブタイトルに「覚醒」という言葉を使ったのは、私自身が「覚醒」という言葉に対して、たくさんの苦手意識を持っているからかなあと思います。早くてドラマチックで順調な「覚醒」だけではない。全ての人の中でその人ならではの歩みがあり、それらの尊さを思うと、本当に頭が下がります。

あなたの中にある毎日の営みの中にこそある素晴らしさ、それを感じる度に、その素晴らしさを心から愛おしく思います。そのエネルギーこそが、私の中で慈愛のエネルギーとなっていったように思います。

あなたの本質を愛おしむエネルギーである慈愛のエネルギーが「覚醒」の名のもとに、あなたを誰か別の人に変えてしまうのではなく、あなた自身の内なる素晴らしさを心から祝福します。その素晴らしさがあなたも既に自覚しているものである場合には、より肯定感が強まるかもしれませんし、まだあまり意識を向けていない部分にあるものである場合には、その部分に意識を向けるきっかけになることもあるかもしれません。

今これを書いていて改めて、人って素晴らしいなあとその思いが結実したものが、私の慈愛のエネルギーなのだなあと感じています。
loveletter.jpg
最後までお読みくださり、本当にありがとうございました☆

posted by e-aprico@杏の木 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/148498482
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック