2015年12月23日

12/27慈愛のエネルギーによる一斉ヒーリング〜喜びの源泉から〜を開催いたします。

12/27慈愛のエネルギーによる一斉ヒーリング〜喜びの源泉から〜


この一年の感謝をこめて12月27日の夜に慈愛のエネルギーによる一斉ヒーリングを行います。
今回のテーマは〜喜びの源泉から〜。私自身の存在そのものから放たれる慈愛のエネルギーを皆さまにお届けするとともに、私自身も受け取らせていただきます。誰かのためにと消耗することなく、私自身の為のひとときを持つことの大切さを身を以て体現することで、皆様がより豊かに受け取っていただけるようにサポートさせていただきます。
慈愛のエネルギーについて:杏の木の慈愛のエネルギーは私がエネルギーワークを通してクライアントさんとの交流を深める中から生まれてきたエネルギーです。人々が抱える喜びも悲しみも等しく慈しんでゆきます。
エネルギーから受け取る効果には個人差がございますが、古いしこりを手放せた、今の自分に必要なメッセージを受け取ったなどのご報告もいただいております。
慈愛のエネルギーは杏の木のHPの専用ページから、ご自由に受け取っていただけるようにご案内しておりました。2015年12月28日から2016年1月上旬まで、リニューアルの為にお休みをいただきます。

開催日時:2015年12月27日(日曜日) 22:00〜23:30

お申し込み方法:下記の専用お申し込みフォームよりお申し込みください。

PC・スマホ共用フォーム URL https://ws.formzu.net/fgen/S33339677/

携帯電話用フォームURL https://ws.formzu.net/mfgen/S33339677/

20歳以上のご本人からのお申し込みに限らせていただきます。
お申し込み締め切り:2015年12月27日(日曜日)21:30

受け取り方:通常通り過ごしていただいて構いません。受け取るための宣言が無くてもお受け取りいただけます。もし、エネルギーを感じてみたいという方は「これから杏の木の慈愛のエネルギーを受け取ります」等お好きな言葉で宣言しておうけとりください。
他のワークと並行しても問題なくお受け取りいただけます。

注意事項:以下の注意事項をお読みいただき、ご了承いただいた上でのお申し込み下さい。お申し込みをお受けした時点でご了承いただいたものとみなします。

○ご自身の選択と責任において、お申し込みください。
○遠隔ワークのご本人特定のため、個人情報をお知らせいただきます。ワーク遂行以外の目的には使用いたしません。責任をもって管理士、ワーク終了後、速やかに破棄させていただきます。
○ワークの遂行には細心の注意を払っておりますが、場合によってはお申し込み後、開始時刻前であってもワークの準備ための影響を感じる場合もございます。もし、必要を感じましたら、「杏の木さん」または「なみさん」と呼びかけていただけましたら、ライトワークで可能な範囲でサポートいたします。
○夜遅い時間ですので、お休みになっていても問題なくお受け取りいただけます。
○こちらのワークは医療行為ではありません。また精神疾患等で投薬治療中の方、精神的に著しく不安定な方からのお申し込みは、今回お受けいたしかねますこと、ご了承ください。

バースディケーキ小.jpg
〜〜〜〜〜〜
以下ワークに関して私の思うところを綴らせていただきます。

2015年年末に一斉ワークを、と11月末から思索を巡らせておりました。私の中にある「私なんて」という想いを見つめているうちに、私の内にある自己卑下の思いを再びかみしめることになりました。過剰に「私なんて」という想いを抱いてしまうために、期待に応えなくては、期待された以上のものを提供しなくては、という焦燥感が必要以上に私自身を駆り立てる傾向が残っていることを改めて見つめることが出来ました。
その時々の最善をつくして行うワークではありますが、もう一度ここで自分自身を見直すことで、より自己犠牲から解き放たれた形でワークのご提供が出来るようになりたい。そのためには年末年始は自分自身のための時間にあてて、HPからの無料ヒーリングをお休みすることを決心しました。
犠牲を払って誰かに尽くすのではなく、私自身の喜びから昏々とあふれるように湧いてくるものを皆さまと一緒に受け取らせていただく。豊かさが豊かさ自信として循環してゆくことを目指して、私自身がより深いところに癒しを届け、受け取ってゆこうと思えるようになりました。力みも気負いもてばなして、より「そのままの私」に近づいてゆけるように、もう一度自分自身を見直してゆこうと思います。

posted by e-aprico@杏の木 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞑想会・一斉ヒーリング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170475131
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック