2016年09月04日

布を断つ

布にはさみを入れるとき、毎回ドキドキします。布の質感と私の技量と他の衣類とのバランスなど、諸条件を考慮に入れたうえで最後は直感で選択したつもりでも、布に一度鋏を入れてしまったら、もう後戻りが出来ない。

今回も秋向けのワンピースを作ろうと思いながら、まだ決心が出来ずにいます。前回2度ほどギャザースカートを作ったので、今回はもう少しシックな雰囲気の物にしたいなあと思いつつ。前面セミフレアで後ろは軽くギャザーを寄せて。前回の青いワンピースの形を踏襲したいなあと思いつつ、今までとは違う形に挑戦したい気持ちも少しあって。

せっかく地直しまで終えたので、早めに裁断したいのに。

ワンピースを手縫いしている自分自身への、罪悪感もそこには働いている気がします。役に立つ自分であれ、という強迫観念が、そんなことをして何になるの?という自己蔑視を招いている気も。
黄色い布240×320.jpg
多分1月2日の出来事がプチトラウマになっていて、自分のささやかな楽しみにさえ自責の念を覚えるようになっていたのだろうと思います。このまま縫えずにいたら、きっと後悔する。

完璧を求めて動かずにいるより、失敗するかもしれないけどやってみるというチャレンジを、勇気を持って選択したい。よし!今日、型紙を広げて、裁断プランを再度練ってみます☆

9月に入って、心や身体にゆさぶりが来ている方もいらっしゃるかもしれませんが、ご自身を大切になさってゆかれてくださいませ。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176741708
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック