2017年01月25日

今月はあと2回一斉ワークを行わせていただきます♪

〜〜〜レムリアの光の柱をおろす無料ワークを一斉ワークとしてご案内中です。〜〜〜

本日夜開催の一斉ワークの後、25日23時よりレムリアの光の柱をたてる一斉ワークの30日分のお申し込みを受け付け開始いたします。平日開催になりますが、必要な方に届いてゆきますように。

本日夜一斉ワークを開催させていただきます。毎回、お申し込みの際のハードルをできるだけ下げてゆきたいと思って、小さな努力をしているのですが、前回の感想を一言書き添えてくださる方もあったりして、感謝の思いでいっぱいになります。


あまりに素敵な感想をいくつもいただいてしまって、「どうしたもんじゃろのぅ」と首をひねっておりました。私はほんの少しのお手伝いをさせていただいただけなのに、私宛にご感想が届いてしまう。かといって、ほんのちょっぴりだけではあっても、私がかすかに関与はしているのかもしれないから全否定してしまってはそれこそ相手の方に失礼にあたってしまいます。

一人の人間のちっぽけな私がご縁をいただいてこうしてお手伝いできたことは本当に幸せだなあと思いつつ、私の中の感情的な落としどころをどこにつけたらいいのか、右往左往しておりました。

本当は3回終わってからと思っていましたが、これは一度ご報告が必要なのかもしれない、とようやく思い当り、レムリアの光の柱をおろすことのご返礼として、「こんな形でのご感想をいただいています」ということを、イメージワークとして届けさせていただきました。

そうしましたら、「ご苦労様」的な返礼なのでしょうか、私の側が祝福をいただいてしまいました。今も両手が少しピリピリしています。今夜のワークを前に少しバージョンアップが必要だった模様。ああだから、今日は一日気持ちが内向きだったのかな。

今回のやり取りを通して、仲立ちとなる「巫女」としての側面を改めて感じることができました。このような形で役割の一端を担わせていただくことで、学ばせていただいていること、とてもありがたいです。

そして、今、参加してくださった方々がなぜ私に感想をお寄せくださったのか、少し伝わってきました。ワークを素敵に受け取ってくださったこと、そのことに対する喜び、私ももう少し素直に受け取らせていただいてよいのですね。

私への感想なのではなくって、ワークへの感想なのだから、私があんまり喜んではいけないのではないか、という思いが、ずっとつきまとっていたこと、今ようやっと思い当たることができました。ああよかった。

いただきました感想の数々、なかなかご紹介できず申し訳ありません。次回開催のことを考えると、また気負ってしまいそうなので、今月行われるあと2回の一斉ワークに、真摯に向かってゆこうと思います。
レムリアの光の柱
こうして貴重な機会をいただけていること、心から感謝の思いでいっぱいです。

ご参加くださる皆様、見守ってくださっている皆様、ほんとうにどうもありがとうございます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178545378
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック