2017年03月17日

春の兆し

近くの公園に、出かけてきました。足元にはオオイヌノフグリの花がたくさん。長野の春に急いで咲こうしているのか、地面から数ミリ?という高さで咲いている花たち。今年も出会えて嬉しいけど、まだなんだか元気でないなぁと思っていたら、住宅街の裏庭にふきのとうが顔をのぞかせていました。最初そのまま通り過ぎようとしてしまって、目の端に薄緑の小さなものが見えたことにびっくりしてしまいました。え?今の何??と数歩戻って見てみるとまさかの光景が。

とくに家庭菜園という風情でもなく、いきなりのように出現したふきのとう畑に思わず顔がほころんでしまいました。ふきのとうって山の斜面かと思っていたけれど、普通に育つのですね♪

お庭のお写真はプライベート空間かと思うので、撮影は遠慮させていただきました。今も思い出すと嬉しくなってしまいます。意外性って私にとってこんなに好物だったのかも。



この1週間ほどミシンとサテン生地に取り組んでいたのですが、ようやく一段落しました。最後の仕上げが終わって、一時は小躍りしてしまうほど嬉しかったです。

その後もまるで春の天気のように感情が変化してゆき、ハートがぽかぽかにあたたかくなるのが半日ほど続いたと思ったら、翌日は心にぽっかり穴が開いたように空虚感が広がっていったり。でもどちらも比較的冷静に受け止めることができました。ぽっかりのハートを抱きしめながら、今何か新しいものを生み出そうとしている自分がいるのかも、と自分に言い聞かせたときの薄暗い廊下の光景は今も心に残っています。

小さな失敗に本気で落ち込んでしまう小さな私も、(今も土鍋で炊いたご飯を焦がしてしまいました。。)ちょっとの発見を心から喜べる私も、どちらも私。でこぼこでも風変わりでも、今の私をそのまま見つめてゆけたらなあと思っています。
オオイヌノフグリ647×457.jpg
最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。


posted by e-aprico@杏の木 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179123534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック