2017年09月11日

明日は一斉ワーク1回目です&「ドラゴンシャーマン」の感想も

〜9月12日(火)、15日(金)、22日(金)開催 レムリアの光の柱をおろす無料ワーク

しばらくブログを放置し、又しばらくぶりの開催にもかかわらず、お心に留めてくださった方々からお申し込みをいただいております。本当にありがたいです。

8月は内的葛藤が色々浮上してきて、そちらに対処するのに一生懸命になっていて、あまりレムリアの光の柱のワークをおこなってこなかったんだなあと、一斉ワークを告知した後に気がつきました。一斉ワークは私が楽しい!と思える時期に告知させていただいています。特に、こちらのワークはとても丁寧に作り込まれたワークを巫女として真摯におろすという形式なので、私の側の負担がごくごく最小限になっております。(私の感じ方ですが。。)どうぞ、ご縁とタイミングの合う方は3回のうちの1回だけでもお申し込みいただけますので、お気軽にどうぞ。




先日陰陽師の講習会にボディ役としてお手伝いさせていただいて、陰陽師の大地の技を改めて目の前で見せていただきました。(そのときのお話はまた次回に)日頃風の陰陽師の技をメインに行っているので、とても新鮮。帰りの新幹線で電車が長野県に入ってきたとき、ほわっと不思議な体感を感じました。これは何?と思っていたのですが、私が陰陽師に覚醒したのは長野の地だったので、私がその部分に反応したのかもしれません。今まで以上に長野が愛おしいです。ご縁に感謝。

昨日の夜、「ドラゴンシャーマン」という技の遠隔一斉ワークを受取らせていただきました。エネルギーワークを受取らせていただいている間は、あまり過剰に分析しないようにして、一段落した後に振り返ったりします。というか受け取り途中だと全く訳が分からなくって、言語化が出来ないことが多いです。今日も、これで感想書けるのかな??と不安でしたが、ふっと自分の歩みを振り返るポイントに立てたようで、そこから見えてきた変化を改めて感じることが出来ました。

「旅」というのが一つのテーマになっているワークのようでもあるのですが、私も過去の自分を巡る旅に出ていたようでした。記憶の深いところで巡った旅のようで、夢の中で誰かとお酒で乾杯していたことしか覚えていません(下戸なのに。。。)。朝起きてほわっと良い気持ちになっていたのですが、ほんの些細なことで、気持ちがざらっとしてしまったのです。動揺してしまった自分にまた戸惑ってしまいましたが、会う方会う方がとても親切にしてくださり、また幸せな気持ちもずっと続いていたので、その両方を感じている意味を自分の中で見つめるひとときを過ごしました。

以下は統合が一段落した今日の夕方、私が今回のワークを思い返しての自己分析です。今回とても深いところにあるトラウマのいくつかをいやしていただいたようですが、あまりに円滑にワークが進行したためなのか、3次元の私はそれを知覚することが出来ませんでした。

ワーク自体の趣向なのか私の趣味なのか、今回のワークで癒やされたばかりの部分をマーキングするかのように物事が進行してくださり、痛みに届く前の小さな違和感くらいの柔らかな刺激で、その部分を内省し、出来事の意味を自分の内側に落とし込むプロセスが、ゆっくりと進行していったようです。

しかもその違和感は私に直接向けられたモノではなく、たまたま見聞きしたモノにいつもと違う形で反応するといういわば傍観者の立場で体験した事象だったので、ゆとりを持って対処することが出来ました。

読みかけの本みたいに、自分の内側にあって棚上げになっていた部分を同時並行でいやしていただいたようです。キーワードであえて上げるなら、「子供、誤解、ちっちゃい」でしょうか。私というニンゲンの小ささを改めて実感。私がどれだけ小さかろうと、私のことを真の意味でいたわれるのは自分だけ。自分のことをちゃんと労り、慈しんであげないと、と改めて思った午後でした。

ドラゴンシャーマンによらず、何かワークを受取った後は、心やオーラがふわーっと広がって感受性も豊かになっていることが多いです。そのことで、嬉しさも倍増するかもしれませんが、小さなことでズキリと感じてしまう場合もあるかもしれませんね。そんな風に感じるのは私だけかもしれませんが、もしかして、同じ傾向の方がいたりしたら、この文章をご覧になって安心なさってくださるかも、と思って言及してみました。

明日12日の一斉ワークの後、13日は都内でドラゴンシャーマンの伝授を受けてきます。その足で15日までの間、ちょっと関西方面にライブ観戦のために出かけてきます。この間、お返事等遅くなる場合もございますが、どうかご了承くださいませ。

長い文章を最後までお読みくださり、本当にどうもありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180965264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック