2018年01月15日

「苦手」なことって宝物

苦手なことがたくさんあります。自分のチャネリング能力の在り方もとても苦手で、「正解」的なモノがシュッと来てしまうことがあるので、「私が知りたいのは正解じゃない!」と自分自身に逆ギレしてみたり。こんなのヤダ!って一人ぷんぷん怒ってます。最近あまりなくなってきて、ほっとしています。

(何だかこんなこと書いて大丈夫かな?って思いましたが、共感していただける方があるかもなので、削除せずに残しておきます。)

「優しい人」って思われちゃうことが、ずっと苦手だったのですが、どうしてこう思われちゃうのが苦手なのか、自分の中でずっと謎でした。内省して解き明かして行けばよいのに、あまりに苦手すぎて、そのことを内省することすら苦手だったようです。

今朝になって、私に「優しさ」を見てくださる方のことを、落ち着いて観察するゆとりが出来た瞬間がありました。今風にいうと「忖度の要求」的なことでしょうか。そしてもっとたどると、その「忖度」を求めていたのは私自身だったのでした。

私という人間にどのような感情を持つのか、それは受取る方の自由意志で選べること、と分かっていたつもりなのに、なぜか過剰に反応してしまう。そんな自分がとても未熟なように感じて、切なさを覚えてしまっていたのでした。

頭で分かっているつもりの一般論なのに、個別の事象ではなぜか感情が反応してしまう場合、その部分に何か個人的な引っかかりがあるように思います。私は過去にヒーラーとして存在した頃に、出来るんだったらやってよ、と奉仕を強いられて、身を削る思いで最善を尽くしても、当然とだけ受け止められて、自分の存在意義が分からなくなってどんどん消耗していった、、という記憶がまだ受け止めきれずに残っているようでした。

他の方に過剰な期待をしてしまうこと、私の中にもあるかと思います。それが相手にとって負担になってしまう場合だってあるかもしれません。なせ過剰な期待をしてしまうのかというと、それが相手にとって過剰だということが分からないからだろうと思います。何で分からないの?というのは時に絶望の種になるのかもしれませんが、相手は相手の人生を生きている。そして、そんなとき、私は私の人生を生きることでしか、相手に愛を返せないのだと思います。

私に限らず、ヒーラー的な資質を色濃く持っているかたのなかには、なぜか過剰な欲求をされてしまう、という方があるかもしれません。さほど苦にもならずにこなしてゆける間は、大丈夫なのかもしれませんが、ちょっと立ち止まってみて、あれ?これは今は苦にならないけど、今以上に期待されたら、ちょっと苦痛かも、と感じる場合もあるかもしれません。

私にとって、「優しさ」を期待されることが苦痛な自分がずっといやでした。なんて傲慢なんだろうと悲しくなったこともありました。でも、私に「優しさ」を期待してくださる方は私以外の人生を生きている方です。私に「優しさ」を期待してくださる方が真に私に求めてくださっているのは、私が私自身の人生を生きて行くことなのかな?と今は思えています。

スピリチュアルな世界って○○が正しい、とされることがいくつかあります。そんな正しさばかり生きられないよーってへたれな私はつい思ってしまうのですが、その「○○が正しい」も、一度括弧付きで受け止めてみて、それに対して自分がどう思うのかを観察して行くのってありなのかなあと思っています。

「量子」が、物事を観察する際のスケールの一つであるように、「スピリチュアル」も物事のとらえ方のひとつだろうと思うので、「○○が正しい」というのも、ある方にとっての真実なのだろうと思います。

総論としては頭では理解できるけれど、個別の事象では何だか納得がいかない、という場合、そこにあなた自身の個性の種が隠れているのかもしれないし、その部分をもっと掘り下げて、あなただけの独自性を発揮できるよ!というサインの場合もあるかなあと思います。

今日はゆっくりゆっくり内省が出来て、ほんとうにほっとしました。すぐに答えが分からないって、とても豊かなことだなあと思います。ここまで来るのに約50年!まだまだ分からないことだらけなのって、嬉しい!!!
小正月の花.jpg
今日も最後までお読みくださり、本当にありがとうございました☆
posted by e-aprico@杏の木 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182152714
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック