2018年03月16日

今朝ドキッとしたこと

録画してあった映画を見てました。わーこのキャラクター可愛いなあと思っていたら、「adorable」とか言うような形容詞で表現されてて、心がずきゅんと打ち抜かれました。

ごくまれになのですが、英語の単語が心に染みいる感じすることがあって、私にとって「adore」がその一つなのです。子供さんやティーンの方に使っている印象があったのですが、今日改めて意味を検索してみたら、大好き〜、だけでなく、尊い存在とかにも使う場合もあるようで。。そ、そんな単語だったの??

自分にこっそりつぶやいてみるだけで、何だか心が癒やされる感じがするほど好きな言葉です。「love」よりもっと対象に対して程よい距離感があるような感じで、すっかり心がわしづかみにされちゃいました的ニュアンスを感じるのです。あらがいようもなく好き。。という感じでしょうか。(あくまで私解釈)

自分も「adorable」といわれたい、そんな存在になりたいなんて思ってるのかなぁとさっきまで心細く思っていましたが、私がご縁のあったクライアントさんって、みんながみんな「adorable」な部分を私に見せてくださったなあと思って、しみじみ嬉しく思い返しております。

よく色眼鏡とか言うけど、私が「スピリチュアル」的なモードでお一人お一人に出会うときには、毎回「adorable眼鏡」をかけているのかも。というかそういうモードで他者とつながることが出来るから、スピリチュアルの世界が好きなのかもなあと思ったのでした。

映画の中の「adorable」さんはまだ意思疎通を練習中なので、この人何言ってんのかな?ってよく首をかしげてます。これをやって、とお願いされても、言葉を尽くして説明しても、「ああ勘違い」がつづいたりして。でもそんな姿も全て愛おしい。。私も勘違いや失敗だらけですが、そんな自分を愛おしいと思えたらいいな。

今月中には一斉ワークを開催する予定です。無事告知までたどり着けますように。。
カフェラテ.jpg
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182702908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック