2019年01月29日

こんな私がって思うときこそ

ここ数日、自分の中の「陰」的なものがぬーっと幅をきかせていて、時折ふっと「陽」側に傾くものの、陰鬱な空気が自分の周りに流れておりました。いったいどうしてだろう、どこかで傲慢になっていたのか、自分に向きあっていないのかと、あれこれ理由を探していましたが、月曜夜に雲が晴れるように「陽」が増してゆきました。ん?これはなんだろうと、自省してみたら、一つライトワークが終了したようで、よく頑張ったね〜って自分で自分をねぎらうエネルギーが届いていたようでした。

ライトワークの定義は様々あるかと思いますが、お金をいただかない大地や惑星に向けて行うようなエネルギーワークのことをイメージしています。

私はこのライトワークが好きすぎて、そちらばかりに専念しちゃう時期もあって、人間としてちゃんと幸せにならなくちゃ、と繰り返し「ライトワーク禁止令」を自分に発動しておりました。無意識に始めちゃったりするので、慌ててキャンセルしたり。(そんな方あまりいないのかしら。。)カリスマシャーマンや上級陰陽師に覚醒した方などは、ライトワークサポートをお願いして儀式やワークを行っていらっしゃいます。「ステキ〜」と思って嬉しく拝見していますが、私と彼女たちとは立場も能力も異なるから、私はお留守番チームとして、自分自身のことにしっかり取り組もう〜と繰り返し自分自身に言い聞かせておりました。背伸びをするんじゃ無くって、今の私が大切だよ、とライトワークを言い訳や逃げ道にしないように自分の中では気をつけているつもりでした。

ライトワークへの取り組み方って、人によって様々かと思いますが、私は上記のような事情で、どうしてもどうしてもの時だけ!と言い聞かせており、基本的にキャンセルです。たいていの場合気がつかない間に始まって、終わったことにも気がつかないものがほとんどなのですが、今回は私自身の個人的な学びとシンクロした部分があったようで、あ、終わった〜という平穏タイムを感じることが出来ました。

終わったかも?の時って、たいていほのかな安堵感がわずかな間あるだけで、さーっと消えてしまうことがほとんどなのですが、今回は半日以上たった今でも安堵感が続いています。こんなの久しぶり〜。

安堵感が訪れる前って、夜明け前みたいな感じで、一番の「陰」な時間です。大切な感情と思いつつも、つい気分がめいっちゃう。昨日は「こんな私」ってスゴく思ってました。あと「こんなんじゃダメ」とか。

でも、「こんな私」って腹の底から思えるときほど、実は根拠の無い自信を持つチャンスなのでは、とふと思ったのです。むなしさや悲しさややるせなさが何度も何度も打ち寄せて、ココで風になれたらいいのになってふっと心をよぎったり。「こんな私」が今の状態のママの自分を受け入れて、息をすることを続けて行くこと、生を選んで行くことも実は創造の一環なのかもなあと「わたしは私」と自分自身に言い聞かせたのでした。

夜にはリーブスブログの『内省の有効性について』という投稿を読み返して、分かったような分からないような、でももっと知りたいこの世の不思議に思いをはせておりました。生きているだけでも奇跡を創造している、というのはなんとなく分かるような気がするのですが、「また、創造とは、それを認識したところから、創造というエネルギーや波動となって、宇宙的に大きな影響を与えるようになるものなのです。」(リーブスブログ内、『内省の有効性について』より引用)という部分では、文字の意味は分かっても、いったい何のことをいっているんだろう、こんなことは本当に起こりうるんだろうか?と半信半疑だったのでした。

今、改めてこの文章を読み返してみて、昨夜は気づいていませんでしたが、昨日の出来事の意味がおぼろげながら見えてきた気がします。「宇宙的に大きな影響」っていうところまでは分かりませんが、創造を認識することで、わたしの世界が変化しうるということ、ほんの些細な変化であっても、わたしにとっての大切な一歩を踏み出せたこと、心から言祝ぎたいなあと思います。

例えば直木賞を受賞するとか、ノーベル賞を受賞するとか、対外的に認められた大きな変化だったら、大きな一歩にあたるのかもしれません。でも誰でも最初は小さな一歩から踏み出し始めたはず。

自分のコトってなかなか気がつけないし、気がついても後回しにしてしまいがち。でも、小さな身の回りのことから、自分自身のことから小さな一歩を踏み出して行くことの大切さをあらためて噛みしめたのでした。
ぞろ目
独り言のような文章を、最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。

感謝を込めて。
posted by e-aprico@杏の木 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185456935
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック