2019年06月19日

心を通わせること

〜〜HPより慈愛のエネルギーをお届けします〜〜

しばらくぶりの更新です。昨夜の地震、お怪我をなさった方もいらっしゃったようですね。被害に遭われた方、心細い思いをなさった方、心よりお見舞い申し上げます。

日曜日に図書館から本を借りてきたのですが、お目当ての本だったのに、翌日まで借りてきたかどうかすらうっかり忘れてしまっていました。気に入った本は何度か借りるのですが、月曜夜にそういえば、と思いだして読んでみると、今までと違う処に響いてきます。お祖父さまとお孫さんとの交流がおばあさま目線で語られるのですが、子供達の心と体の揺れ動く様を丁寧に観察して、大きな心で見守る様が、本当に素晴らしくって、今半分『心酔』しかけてます。でも彼のようにはとてもなれないので、今の私に出来ることをエッセンスとして取り入れてゆけたらいいな。

社会規範とか、常識とか、いわゆる大人目線で見たら、無軌道で突発的に見える行動であっても、それを生きている方の中では、流れと滞りとが作用し合っている。統計学やマニュアルがヒントになる場合があるかもしれないけれど、一人一人の在り方が独自であることを尊重してゆく。

文章の全体というよりも、部分部分のフレーズで心に響いているので、まだうまくまとまりません。心に響いた様を味わっていたくて、その余韻を何度も反芻しています。

あと印象的だったのが、転んだら自分で起き上がる、という内容。私は弱虫が顔を覗かせる時は、転んだまま気力がシュワシュワと消えてゆくことがあるのですが、そんな時に『今生きてる自分』をふっと思い出せたら良いなあと思いました。

生きる疲れを癒してくれるもの、私にとっては日本語もそうだし、日本語で書かれた文章をとおして、様々な方とで会うことでもあります。異国の香りを味わうことも地球に生きてる〜感を味わえて、とても幸せ。

今日のお昼はラム肉のソテーをいただきます。最近お昼を食べ損ねて3時過ぎになってしまうことが多いので、今日こそランチの時間帯に。

皆様にとりましても良い6月でありますように。
白玉団子.jpg
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186160577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック