2019年07月18日

肥大した自意識を削ってみた

今週のはじめころ、自分の中にある『嫉妬心』に気がついて、わー!っと慌ててしまいました。ふと浮かんだ感情なので、押し込めるよりは出てきた方が健全だよ、と自分を慰めて、自分のどこからそんな感情がわいてくるのか、自分の中にダイブしてました。

自分の中の焦りと共に、高すぎる自己評価が見えてきて、鰹節を削るようにすーぃすーぃと自意識をそぎ落としてみることにしました。けずるとやっぱり心が痛いです。。まあ肥大してるなあと気づけただけでも一歩踏み出せた!と思って、自分の身の丈を見つめることを続けてきました。

削りたい!というと自己犠牲的だし、自罰的でもありますね。ただ、それくらいの意気込みでぽろりこぼれる嫉妬心をなんとかしたい!という思いは自分の中で育っていったようで、気持ちが大分軽くなりました。

肥大したっていうととても良くないことのように響きますが、私の場合には、放置しすぎてむくんでしまっていた、というほうがしっくりくる気がします。あとこんなに小さい自分のママだと攻撃されちゃう!という恐れもあったみたい。客観視という言葉に批判的視座をできる限り内包させなくては!という妙な切迫感もあったのかも。

色々考えすぎで、先回りして心配して、すねてこじらせて。でもそんな中から見えてきたのは、自分をニュートラルに見つめることの大切さでした。放置してても平気な方もいらっしゃると思うのですが、私の場合には時折意識的に自分のことを見つめる時間が必要なようです。どんなに自分がちっさくても、ちっぽけでも、他の誰でもなく、私だけが自分自身に届けられるモノがあること、今ようやく思い返しています。

周囲の方から、家族から、友人から、そして遠く離れた方から、何かをいただくって、本当に嬉しいです。多くの方の手を経て、私の元に食材が届く、お水が届く、空気が吸える!雨露がしのげる。でも、自分の身の丈を感じながら、そんな自分にYesを届けてあげるコトって、今の私自身にできる、最高の贈り物だなあと思ったのでした。

昨夜『ちぎりぱん』というワードで検索をかけてみたら、フライパンでパンを焼いている方の投稿が山ほど出てきました。オーブンもあるけどフライパンで焼くパンが好き!という趣旨のコメントも見つけて、一人じゃ無い〜、とほくそ笑んでおります。元気が出たので、今日は週末用にクルミとイチジクのパンに初挑戦。無事焦がさずに焼けました。最近タイマー無しで焼き加減を推し量るのが楽しくって、発酵といい、焼き上がりといい、時が刻むプロセスを実感できるパン焼きがますます楽しいです。
都忘れと緑豆サラダ.jpg
写真は赤ジソ寒天と緑豆のサラダです。もちょっと甘さ控えめでも良いかも!また次回工夫してみます。
最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186291385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック