2019年09月22日

もずくとお茶と

〜〜9/28〜9/30に無償一斉・混沌の中にいるあなたに光を照らす〜レムリアの光の柱をおろすイベント〜を行います〜〜

自分の至らなさは折を見て噛みしめるようにしていたのですが、先日まるでメッキがはがれたように、過去の自分の酷薄さが思い起こされて、なんて浅はかだったのだろうと胸に手を当ててしまいました。

相手の立場に思いをはせてはみるものの、実際に現場に立ってみるといかに今まで表面的な部分だけしか見てこなかったのか、改めて思い起こされます。

今日も台風の報道にそわそわしてしまって、とりあえず、沖縄産のもずくと九州産の番茶をいただいて、ほんの少しだけでも思いを届けられたらとお茶の香を味わっています。
切なくなると、ついきゅっと力んでしまって、物の見方が一方香になってしまう私。至らないところの一部に今気づけたのだから、私にしたら上出来です。

この文章を書きながら、私自身の問題と、至らない私を埋め合わせようと抱え込んでいた罪悪感とをもう味わい尽くしたものから手放していっています。罪悪感ってつい癖になってしまうので、自己憐憫とのループにならないように気をつけたいです。

ここ数日手が空くとつくろっていたくつ下。ようやく片方終わりました。薄くなっているところも補強していったらどんどん範囲が広がって。ゴムがゆるっとなって、ようやく履きやすくなったので、もう少し活躍してもらおうと思います。

ちっぽけな私に出来ることは、私自身を満たすことを続けることくらいしか出来ませんが、あきらめずに根気よく続けて行こうと思います。
大厳院花480.jpg
最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186592417
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック