2019年10月09日

土の一粒に相対するように自分の細胞の一つ一つに

土曜と火曜にご用事があったのですが、なんとか乗りこなして、ほっと一息ついたら、台風が再び北上中。

千葉生まれの私は気もそぞろになってしまっております。今まで災害の当事者になることの実感が薄かったことへの反省の念もあり、リスクの検討との名目で、想像力が先に立ってしまっていました。

色々な可能性への対策をシュミレーションするのも時には役に立ちますが、そのために一日中ブルーな気分を引きずってしまうとしたら、人の生命力としてはどうでしょうか。考えすぎないように気をつけていたつもりが、夜中にぱっちり目が覚めてしまって、ごそごそ起き出してパソコンを立ち上げました。
一文字打ったら、なぜかとあるヒーラーさんのページが予測検索のページに表記されて。

いつもは行かないページまでご訪問させていただいたら、シャーマンの資質のことがかかれていました。

シャーマンとは、恐れることなく自分の一部でもある世界のすべてと対面し、大地とひとつとなって土の一粒一粒までに光を与えることを望む存在です。

彼女のページからだと孫引きになってしまうので、リーブスインスティチュートHP内のシャーマン覚醒プログラムご案内の文章です。現在HP更新作業中のようで、仮のページですが、出典として記しておきます。
https://leavesmethods.com/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E8%A6%9A%E9%86%92%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%EF%BC%88%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3/

この文章をぼんやり眺めながら、今私がありたいと願っているのは、シャーマニックに大地や自分と向合うことなのかもしれないなぁと思ったのでした。

私が今シャーマンだったら、もっと深い愛を持って大地と向き合えるのに、そんな歯がゆい思いが自分の中にまだ残ってるのかもしれません。

なりたい自分の理想がなぜか高めになってしまう私。周囲からご指摘いただいても、まだぽかんとしてしまうほど無自覚だったのですが、ようやく自覚できるようになってきました。今頃はこうなっていたのかも?をいくら追いかけても今の自分はまだココにいます。なりたい自分と今の自分が乖離している今こそ、自分自身に癒やしを届けるチャンスなのでは〜と今朝からせっせとセルフヒーリングを続けています。癒やしをごくごく飲みほして、再び喉が渇くと、妄想が暴走を始めるので、おおまた喉が渇いたのね!と再び癒やしを届けることの繰り返し。ささくれた気持ちがようやく少し落ち着いてきました。

シャーマンの皆さんのように土の一粒、砂の一粒と向合う準備は出来ていないかもしれませんが、未だ不完全な私自身、その細胞の一つ一つに愛と感謝と癒やしを届けよう、という思いでいます。

昨日検索でみつけた人の細胞の数37兆前後、というのがとても大きなインパクトでした。そんなにたくさんあるのなら、しっかり届けなくちゃ、とやる気が逆に湧いてきたのでした。1秒に3個数えてみたら、という記述も見かけたので、100年の秒換算を検索してみたら、31億5千万秒位なのだそう。100年って案外短いのですね。。100万年たってもまだ31兆なので、一つの細胞に1秒かかったとしたら、100万年以上かかってもまだ癒しきれない。。

へなちょこでよれよれの私でも、24時間前の私よりは確実に癒やしを受け取れるようになりました。大地を癒すなんて恐れ多いですが、私自身の隙間や狭間に以前よりも細やかに癒やしを届けることが、少しだけ出来たかもしれません。100万年分の癒やしを今この瞬間に受け取れるだけ受取るぞ!と思うと、ちょっぴり勇気が湧いてきます。

今は大変なときで、それどころではない、という方もたくさんいらっしゃると思います。日々のお仕事、個人的な楽しい出来事を満喫なさるお姿、とても尊いし美しいと思います。そんな中、もしも心に引っかかる出来事がある、心がソワソワする、そんな時に自分自身を落ち着かせて、冷静で愛のある選択をするためにも、自分自身に癒やしを届けてみるのもありかもしれません。
大厳院草
最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186663631
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック