2019年10月21日

慈愛の無償イベント御礼&力の抜きどころ

2019年10月11日から1週間ほど、慈愛のエネルギーによるイベントを幾つか開催させていただきました。
お申し込みくださった皆様、お心にかけてくださった皆様、遠くから応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

10月11日から早10日となりました。今回、個別にメールフォームからお申し込みいただくタイプのイベントと、ブログ投稿からお受け取りいただくイベントを開催しました。それぞれ、15日迄、18日迄、とご案内していたのですが、ブログ記事をSNSでシェアする際に、『シェアをお知らせするこの投稿からも慈愛のエネルギーをお届けします』とご案内したので、その終了が10月20日正午まで。昨日のうちに今回のイベントは終了いたしました。
無償イベントではありましたが、もし、お受け取りになっての不具合などありましたら、どうかお知らせいただけると幸いです。無償にて行えるライトワークの範囲内になりますが、誠実に対応させていただきます。

毎回、テーマを決めるときに、『私自身に必要なワーク』という側面を加味して選んでいるからだと思うのですが、今回のイベントはびしびし応えました。私の未熟さがぐりぐりと見せつけられるようで、キャ〜と声を上げたくなってしまったかも。自分を大切に、自分を大事に、自分の思いをあたためて。手を変え品を変え取り組んできたつもりが、まだまだ道半ばだったなんて。今回『まず自分が癒やしを受取る』というテーマにて、行わせていただいたのですが、今感じてみても、『それはなぁ〜、おまえ(杏の木)のことだよ!!!』と片膝を立てて詰め寄られるような感じで、ぐいぐい迫ってくる何かがあって、もうひたすらごめんなさい、という感じでした。

今回は私自身がより癒やしを必要としていることをより深く自覚する時期でもあったようで、そのことに深く取り組むあまり、参加者の皆様のことよりも、まず、自分自身がいやされなくては!という意気込みがやや色濃かったように思います。お食事に例えるなら、ビュッフェ形式のパーティを主催しておいて、自分が好きなモノをむしゃむしゃ食べている主催者。。って感じでしょうか。受取るぞ〜というより、受取らなくっては!!という気迫むんむんの背中を見て、ちょっと近寄りがたいモノを感じてしまった方もいたかもしれません。お申し込みそびれてしまった方には、申し訳なく思います。

私がぐいぐい系になる時、やや空回りになることも。今日も2つ空振りだった出来事があって、(3つかも)まあそんな日もあるさ、と自分をヨシヨシ慰めています。そんな中、カーステレオから流れてきた歌詞に『ムダにならない、世界は回る』と励ましてもらって、前回この歌詞を聞いた時にも励ましをもらったなぁと歌の持つ力とシンクロによる後押しに、ちょっとほっとしたのでした。

平穏ではない日常に身を置いた時こそ、冷静に、と言い聞かせたつもりでしたが、まだどこか力が入ってしまっていたようです。投げかけていただく言葉の一つ一つが、本当にありがたかったです。
自分の性質を把握できて来たかなぁ、なんてほのかな自負があっという間に崩れ去りました。まだ自分のことでも、こんなに少ししかわかってなかったのか。。

そんな私に、ピッタリな過去投稿、これもご訪問いただいた方のおかげで読み返すことができました。
2015年6月17日『失ってゆく感覚

消えてなくなるような自信ならない方がよいのでは?となかなか意地悪な問いかけをしていますが、これは、私自身への自戒を込めての表現です。もし、強く響いてしまったら、私の表現の至らなさですので、お詫び申し上げます。

自信の根拠や裏付けをと積み重ねる努力は、時にもろかったりもします。他からの承認に頼らない、根拠なき自信、根拠がいらないのだから、今この瞬間、すべての方に開かれているのですよね。どこかでこんな表現を見かけた記憶があります。あとで記憶の糸をたどってみますね。
小布施栗パン
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186710109
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック