2019年12月12日

今ないモノを思って悲しくなるときと

〜〜12月30日迄『ドラゴンシャーマン歳末版』をご案内中です〜〜

先ほどちょっとしょんぼりしながら、とぼとぼ歩いてました。ちょっと迷ってることがあって、どちらを選んだんだらよいのだろうと思って。半日の予定を選ぶというほんの小さな選択なのですが、終わりを受け入れることって難しいのですね。大切に思って時を過ごせたことに感謝しようと思いつつ、なかなか決心が出来なくて。

先ほど気持ちを整理するために、感情をもう一度味わってみると、『まだ自分自身を表現し切れていない』というのが、私の悲しみの原因のひとつのようです。すぐに現実は変えられなくても、せめてイメージの中だけでも、と自由に自分自身を表現できるようにセルフワーク。これがなんとも心地よくって、一人幸せに浸っています。そう、いつもこれ位幸せでいたいのだ、私は。


自分を自由に表現したい、という思いと裏腹に、ちゃんと萎縮していないと、という萎縮がデフォルトな自分自身もいます。理屈では分かってはいても、生き抜くための戦略として萎縮を選んできていたのか、心の底から安心、と思えるような時空間でないとなかなか伸び伸び出来ないようです。そこまで萎縮したら疲れちゃうのにね。

私のゆったり満ち足りた幸せな感覚も、明日になれば憂鬱な日常に逆戻りしてしまうのかもしれませんが、あのとき確かに満ち足りた感覚を味わえた、というのは確かに私の糧になっている気がします。

海の奥深くに潜るときには沢山酸素が必要ですが、私も自分にないものを追い求める探究心があるようで、そのために、至福感を日常的に補充して行く必要があるようにも感じています。日常から喜びを見いだすのが何でこんなに好きなんだろう?と不思議だったのですが、その仕組みの一端が、自分の中で腑に落ちて行きました。そうだったのか。。

最初に思い悩んでいた小さな選択。決定は明日に持ち越すことにしました。明日起きた感じで決めることにします。
ロンドケーキセット
上記写真は、今週足を運んだ小布施のケーキ屋さんです。こんなに美味しいケーキをなぜにこのお値段で提供してくださるのか。手間暇かけたお仕事を堪能できること、本当にありがたいです。

以前、一斉ワークに参加したときに、アファーメーションを教えて頂いたのですが、その中にある、『私は私の愛を信じます』というフレーズの意味が、今少し分かった気がします。

最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186912309
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック