2019年12月14日

【12/18更新】歳末スペシャル・レムリアの光の柱をおろす無料ワーク〜わたしは私〜

【12/18追記】お申し込みフォームを更新いたしました。

歳末スペシャルのワークをご案内したいと思いつつ、ギリギリになってしまいました。2019年は新月イベントとして、『混沌に光シリーズ』として、レムリアの光の柱をおろすワークを提供させて頂きました。
歳末スペシャルではより軽やかに地上での生活を楽しんで頂きたく、より喜びにフォーカスしたワークとしてご提供いたします。

この秋、ボランティアに参加させて頂いて、お手伝いさせて頂く側の心持ちはどうあったらよいのか、手探りする日々でした。そんな中ようやく見えてきた答えが、『喜びを持って』でした。正解はヒトの数だけあると思うのですが、自分に何かを強いることなく、何より無理しない。生きていることだけでも世界に貢献しているのに、喜びを持って生きられたら。自分の細胞の一つ一つを喜びで満たすには何が出来るのかをお一人お一人答えを見つけて行くこともお手伝いなのかもなぁと思ったのでした。

今回、『三回』がおすすめ!とメッセージがきております。一度のお申し込みで三回ご提供が出来ないか検討しましたが、お申し込みいただく方にお任せすることにしました。今回、一度のお申し込みは1日だけとさせていただきます。今回のイベント期間内のお申し込みは三回まで可能です。もしも4回以上お申し込みいただいた方には、レムリアの光の柱はお届けできない場合がございますので、ご了承くださいませ。

初めましての方も大歓迎です。心惹かれてくださる方に無料ワークでお手伝いできること、この上なく嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします。

レムリアの柱の説明をリーブスブログより一部引用します。
『この「レムリアの柱」は、その人の真実を覚醒し、その方が覚醒しつつある自分の真実に向かい合い、それを受け入れることができるように癒しと覚醒を、柱を下ろす相手に与えます。自分の生命の根源、魂の故郷を思い出させるような、懐かしさや安心をその人にもたらしながら、相手に「存在そのものの癒し」を行い、幸せで豊かな人間的生活への覚醒を促します。』https://leaves-blog.com/2016/10/27/%E3%83%AC%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%85%89%E3%81%AE%E6%9F%B1%E3%81%A8%E3%83%AC%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%9F%B1%E5%B7%AB%E5%A5%B3/

イベントタイトル:『歳末スペシャル・レムリアの光の柱をおろす無料ワーク〜わたしは私〜』
開催日時:2019年12月14日〜2019年12月24日23:55迄
参加費用:無料
お申し込み:18才以上のご本人さまからのお申し込みに限らせていただきます。
期間内、3回まで、お申し込みいただけます。下記のフォームよりお申し込みください。
12/14〜17・お申し込み専用フォーム 終了しました。
12/18〜12/24・お申し込み専用フォーム(12月18日更新)
お申し込み締め切り:2019年12月24日23:30迄

注意事項:このイベントは医療行為ではありません。また精神疾患にて投薬治療中の方、また著しく精神的に不安定だという自覚のある方からのお申し込みはお受けいたしかねますこと、どうかご了承ください。
今回のイベントの遂行には最善を尽くしますが、お受け取りいただく方によってワークへの感受性が異なります。お申し出をいただいた場合には無償で行える範囲内にてサポートをさせていただきますが、それ以上の責はおいかねる場合もございます。またどのようなワークを行ったのかなどの個別のチャネリングは無償の範囲を超えてしまいます。あらかじめご了承ください。
ご感想へのお礼:今回のイベントに参加された感想をお寄せください。感謝を込めて、再度レムリアの光の柱をプレゼントさせていただきます。何か気づいた点がありましたら、一言お知らせいただけますと幸いです。

リンゴ畑
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞑想会・一斉ヒーリング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186917599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック