2020年07月01日

生うどんと生の感情と

以前使っていたICレコーダーを整理していたら、5年前の対面セッションの録音が出てきました。どのフォルダーに入っていたのか失念していたので、不意打ちにビックリしながらも聞きすすめると、 私が感情を扱いかねている場面が出てきました。

とても穏やかな口調で、優しく提案するように「もしかして安定するのが苦手なのでは?」という旨のご指摘を頂いているのに、プッとスイッチが入ったように、否定と反論を始めてしまうのです。何度もティッシュを探しているので、べそべそに泣いていたみたい。

この時期のスーパービジョンでは、毎回感情が大きく揺れていたこと、今更ながら思い出しました。あくまで憶測ですが、日常生活の中で、自分の感情を押し殺してしまう場面が多かったからかもしれません。

その録音の中で、自らの感情を整理し、受け入れるための調整をしていただいておりました。この頃は、自分に必要な調整をしていただいたという自覚が薄かったようで、ぼんやりした返事をしておりましたが、聞き返しながら、「今大事なご指摘いただいてるんだから、ちゃんと受け止めなくちゃ〜」と思わず声援を送りそうになってしまいました。守護霊さんってこんな気分なのかしら。スーパーバイザーさんといい、姿の見えない方々といい、長いスパンで見守っていただいていること、本当にありがたいです。5年越しのキャッチボール、ようやく球筋が見えてきたようです。うまくキャッチできるかしら?

今日は半夏生ということで、これから手打ちうどんを作ります。
雨風が強い地域もあるようですが、長野は曇り空の向こうで時々太陽が顔を出します。
K0012706みどり480.jpg
皆様もどうぞ良い夏の日を。
posted by e-aprico@杏の木 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187653370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック