2020年07月06日

出すことを止めない

熊本をはじめとした九州地方での大雨等の被害に心よりお見舞い申し上げます。ここ数日間の天気の状況によっては広い範囲で警戒情報が出されるようです。皆様のご安全をお祈りいたします。
*** *** ***

最近朝起きるとくつ下が片方脱げてます。足首を締め付けないようにゆるゆるの靴下をはいているというのもあると思うのですが、寝相が悪くなってきたのかしら?夜の間は大切な調整な時間とも聞きますし、もしそうなら嬉しいです。

今朝、というかつい先ほど自分自身のオーラに触ってみましたら、不意打ちのように「出すことを止めない」という意図を放つエネルギーがやってきて、ドキッとしてしまいました。

少し強めのアドバイス、といった感じのエネルギーで、普段とても穏やかに丁寧に話す方が、明瞭且つ冷静な口調で指示的な言葉を控えめながらはっきりと言い切る、という感じ。怒られたり強制されたりするよりも、反発しにくいというか、言っていることの意図や背景も併せて伝わってきて、少し自分を整理したくなりました。

私が自分のオーラを感じてみたときに、輝きを「普通に」しなくちゃ、と意図としてしまったのでした。出力が一定しないし、焔的な揺らめきがある、その自分をとっさに恥ずかしいと思ってしまった自分がいて、皆と同じような「正常な」オーラにとちらり思ってしまったのでした。

始めて自転車に乗ろうとしたとき、ゆらゆらしてもこきだしてゆくように、始めて歌を歌うときに音程やリズムよりも、口から声を出すことが大切なように、何かが始まるとき、変化の時の「普通や正常」って、かなり幅があると思うし、具現化の過程は人それぞれなはず。

個の尊重とか、皆が対等で自由に交流できるように、と感じているのに、自分自身のことになると、つい「普通」を求めてしまう。その部分に、「ちょっと待って」と声がかかったのかもしれないな、と思いました。

今書いている考察は、「待って」のエネルギーをどのように受け止めようか、3時間くらい逡巡してたどり着いた今感じている部分です。

自分自身へのワークであっても、私自身の思いをきちんと感じてリーディングして行くことの大切さを改めて感じました。世界で一番大切なクライアントさん!と思って、自分自身にも真摯に向合って行こうと思います。

これから大急ぎで小豆を移植してきます。雨前に間に合うと良いな。
バジル.jpg
最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187669428
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック