2020年07月24日

まずは身体から満たしてみる

本日2つめの投稿です。一つ目は「ゆっくり、でも確実に変化は起きている」(2020年7月24日)です。
**
時々食欲が後ろ向きになって、時に水分をとることすら失念してしまいます。湿度が高いからかしら、と思っていたのですが、高次元を使うワークの影響がまだまだ残っているようです。

つい一生懸命になってしまって、肉体から高次元のほうに、意識の方向性が移動してしまうようで、肉体への配慮がおざなりになってしまいます。肉体に大きな不具合がでるほどではないのですが、気分がどんよりして、無気力気味になってしまうことも。
無意識下で行っている部分なので、理詰めで正論を説いても、なかなか変わってくれません。肉体って大事だよね、って自分に言い聞かせても、そうだね〜、と聞き流されてしまいます。

自らを省みることなく、時に肉体を犠牲にしてライトワークを行っていた過去生があるのかもしれませんね。でも今生では、肉体で幸せになりたいし、幸せな肉体で行えるライトワークを追求して行きたいのです。

となると、現状を観察分析して、取り得る現実的な選択肢を探して行くことになりそうです。

食欲がないからと、好きなものばかり食べていたら、糖質過多になってしまったのか、起き抜けに足がつってしまいました。バランスに配慮して料を加減してみたのですが、やはり胃が重い感じが続きます。なにかないかしら、と思っていたら、花が咲いてくれました。ナスタチウムの花を洗ったモノがあったので、何気なくパクッと食べたら、程よい苦みと清涼感で、身体がすっきりしたのです。プチ菜園にナスタチウムをまいておいて、本当に良かった!

食欲が少し戻ってきたので、今度は青菜を食べてみることにしました。スーパー等の青菜が余り頂けなくなってしまっていましたが、自分で育てた野菜だと、大丈夫なよう。朝摘んだ野菜をいただけるって、とても幸せです。

ご飯が美味しく食べられるようになって、ようやく現状を分析する元気が出てきました。起きている間だけでも、肉体をしっかりとみたし続ける。全身をむっちりと慈愛で満たして、その心地よさに意識をむけて行く。今までうっかりしがちなところだったので、今夜からしっかり始めてみようと思います。

あと世界中にたった一人しかいない、私という人間が、今日も一日生きたこと、毎瞬が山ほど積み重なって一日が過ぎて行くことの奇跡をもう一度噛みしめてゆけたらと思います。

「安堵」についても、ひとつ気付いたことがあるので、こちらももう少し噛みしめてゆこうと思います。
青菜カレー
今日の夕食に頂いた青菜カレー、さっと茹でた青菜をご飯の隣に置いて、上から、インド風挽肉カレーをかけていただきました。出汁に使った根コンブを刻んで梅酢をかけたら、こちらも美味しく、嬉しい夕食になりました。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187730155
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック