2020年11月21日

思考がミュート&野沢菜に思う

再び肉体調整中です。ブログに書きたいことがあっても言葉がうまく紡げず、過去ログを読み直しながら、こんな自分も、あんな自分もいたのだなぁと、懐かしく振り返っています。

「あ!これ読んだことある!」と思ったブログが2ヶ月前のモノだったり。つい最近の投稿なのに、うっかり失念してしまうのですね。

私が思考を働かせたがる時って、不安や心細さが先に立っている場合があるようです。今回も「健全な猜疑心」を言い訳に、どこか自分でストップをかけていた模様。
思考のプロセスがミュート?気味なようで、今がきっと大切な時期なのかもしれないなぁとぼんやりな自分を慰めているところです。

**

今日は直売所で特売の野沢菜を発見。お漬け物ではよく見掛けても、生の野沢菜にはなかなか出会えません。今年始めて見掛けた野沢菜は昨年の半額以下! 私より一廻り二廻り年上の方々が、5束、8束と山のように買って行かれました。

渋柿も干し柿も、そしてお野菜も余りにお安く、年上の方々が暑い日も寒い日も畑で作業をして下さっているからなのだなぁとしみじみしちゃいました。若い方がお野菜で生計を立てて行こうと思ったら、このお値段では大変だろうと思ってしまったり。

まずは地元から、よい循環が生まれて行くことを願っています。
手編みの籠
最後までお読み下さり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188146882
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック