2022年04月19日

歩数目標と、右往左往

ブログって、気持ちの一部分を切り取る作業なので、落ち込んだブログを書いた日に、すっかりけろりとしてご機嫌だったり、脳天気なブログを書いたけれど、実はどんより落ち込んでしまっていたり。

昨夜、SNSに短い投稿をしたので、引用してみます。

アナログ万歩計に助けられて、お散歩が続いております。
週末は、早起きして、1時間のお散歩。月曜の今日は、雨もあって、出遅れてしまいました。
三時半過ぎに、ようし、と思い立ち、視認性の高い服装で、雨の中を1時間ほど歩いてきました。
コメリで、草刈り鎌、直売所で、山東菜の種を買って、ほくほくで帰宅。お安い鎌の予定でしたが、えいっと奮発しちゃいました。
初めての場所に、歩いて出かけるって、こんなに楽しいのですね。

一万歩。楽しくて、癖になりそうです。。無理せず、休みながら、続けてゆこうと思います。2022年4月18日のFBへの投稿。

これは、昨日の夕方の出来事なのですが、動き出す前は、前日のライトワークの余波で、気持ちがイジイジしていた頃。夜の間は、嬉しかったのですが、今朝は、疲れがゆるくたまっていて、朝寝坊してしまいました。

雨の中での一万歩。確かに、身の丈以上に挑戦して、無事安全に帰って来れたので、達成感はあるでしょう。

でも、その部分を、そのまま自分自身の実力のように思ってしまうのは、少し違うのだなぁと、あらためて感じています。

一万歩を歩く、という目標は、自分の中での目標なのであって、手段の一つです。少し無理をしたことで、一時的に目標は達成できたかもしれないけれど、メリットと、そこを過剰に評価してしまうことの弊害を、キチンと感じてゆかないと行けないなぁと思っています。

毎日無理をしていたら、生活の他の部分にしわ寄せが及んでしまいます。日常の中に、いかに〈歩くこと〉を組み込んで行けるのかに、挑戦したいのであって、歩数の達成は、あくまで目安になります。なので、その部分をはき違えないように、その都度自身を見つめてゆこうと思います。

実は、今日も、なかなか歩くことが出来なかったのでした。昨日は頑張って歩いたのに、という歯がゆい気持ちと、気持ちが動かないことへのもどかしさを感じて、時間のやりくりと、気持ちの切り替えの不器用さを、歯がゆく感じていたところでした。

先ほど、えいっ、と思い立ち、この文章の途中で、少しだけ外に出かけてきました。夕焼け空だったので、ギリギリのタイミング。蛍光色の雨合羽を着て、視認性優先にて、近くの公園を歩いてきました。美しい夕日と、街頭に灯りがふっと灯る黄昏時に、外の空気を吸えたこと、自分でも嬉しく思っています。

朝一番に時間を捻出して、午前中に1時間ほど歩いてしまうと、気分的には楽なのですが、体調としては、二十分ほどを数回に分けて歩いた方が、心地よいようにも思っています。

自分自身の心地よさと、自分の身体の心地よさと。小さな達成と、少しの失敗とを、これからも繰り返しながら、自分自身にとっての最善を見つけてゆこうと思います。
鎌と散歩
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189477066
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック