2013年07月03日

反物〜

実家にて苦手なダンシャリに取り組み中です。あ、シャリがカタカナだとなんだかおいしそう〜。こういうときにそれ喰えんの?って使うのデスか?ちょっと違うか。

昨日はあまりにはかどらなさに、知り合いの方にちょっぴりお手伝いいただくことになりました。大した量でもないのに、何があるというわけでもないのに、お手伝いいただかないとはかどらないなんて、本当に苦手なんだなあとしみじみかみしめた午後になりました。
以前リーディングをしていただいた時とかに、『私って情けない、とか思っちゃうかもしれないけれど、なみさんはそこで創造してゆくなにかがあるよ。』的なことを教えていただきました。

もうこのアドバイスをいただいた時も、いつもながらに情けない状況だったので、べそべそに泣いてまして、個々のフレーズは覚えておりませぬ。でも、なんだか私ってこんなに情けないけれど『そのまま』のままでいいんだなあと思ったのでした。

自分が片づけものが苦手なので、苦手な人の気持ちが痛いほどわかります。昨日は同じく片づけものが苦手な母を手伝って、糸やボタンを整理しました。とれたボタンをつけなおしたり。ボタンつけはあまりにあんまりな仕上がりになってしまったのですが、今の私の身の丈が分かってよかったです〜。

以前『娘に寄り添ってもらえることに幸せ』について、やさしいお声掛けをいただいたのですが、昨日もよくわからず傍にいただけだったのです。でも、お風呂に入っていたらほんわりやさしい気持ちが胸に押し寄せてきて、時折でも傍にいることで、私の中に癒される何かがあることを嬉しく思ったのでした。

そんな私へのプチご褒美なのか。ド昭和な柄の浴衣の反物が数枚でてきました。これは夜寝るときに着る柄かしら、というものから、備後美人絣まで♪白地の柄が多いので、わくわくします☆この中の一枚だけでもお仕立て出来たらいいな〜。

最後までお読みくださり、本当にどうもありがとうございました☆
posted by e-aprico@杏の木 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物の周辺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70399666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック