2013年08月26日

8/25〜26一斉ヒーリングを終えて

昨日急に告知させていただいて、夜10時から朝6時までの慈愛のエネルギーによります一斉ヒーリングを行わせていただきました。

突然の告知となってしまい、お申し込みが間に合わなかった方もいらっしゃるかもしれません。不手際がありましたこと、心よりお詫び申し上げます。

昨日のブログ内でも少し書かせていただきましたが、昨日の一斉ヒーリングを行うに至った経緯と、私の側から感じさせていただいた部分を少しご報告させていただきます。

現在、来月に向けての共催での一斉ヒーリング、そして個人で行う瞑想会に向けて準備を勧めているところです。

瞑想会は8月の流れを見せていただいて、出来れば早いうちに必要と思いながらも、私の側の準備が整わず、9月開催となってしまいました。私の力不足を歯がゆく思いながらも、今の私にできる最良のお手伝いとして提供させていただくために、もう少しお時間をいただくことにいたしました。



25日の朝、少し怖い夢を見たのですが、不思議と冷静で悲しまない私がいました。どうしてだろうと自問していましたら「回避できた厄災の象徴だよ」とメッセージをいただきました。

思いがけないメッセージに驚きながらも、今こうしてここにあることの幸せを噛みしめておりました。そしてその中で、今の私にできることを惜しみなく提供させていただこう、そんな思いが湧いてきました。きっと今日、今夜必要。そう思ったのです(注:8月25日のことです。)。今私にできるとしたら、慈愛のエネルギーによるヒーリングかなあと思いながらも、当日告知でどれだけの方にお届けできるのか、思いも文章もまとまらないまま、当日夜になってしまいました。

頭の中で予定していた開始時刻を過ぎて、自分のモードが変化していることに気が付きました。

一斉ヒーリングモードにいつの間にか切り替わっているのです。あれ??告知していないのに。。

3次元の私は時に後ろ向きですぐ私なんて、って思ってしまうのですが、高次元にいる私らしき存在はとてもやる気満々で、前向きで、惜しみないので、告知をためらっていたはずの高次元ワークを始めていてくれていたのでした。

そして、告知すらしていないのに、私の中で始まっているというのは、ライトワークとして既に受け取ってくださっている存在がいらっしゃるということですね。

もう馬脚をさらすようで、舞台裏の混沌をお見せしてしまうようで恥ずかしいですが、それでも今からでも告知させていただこう、そう思ったのは既に開始から30分ほど過ぎていた頃でした。

思うままに一斉ワークへの思いを綴り、ご案内としてアップさせていただきました。

少し迷ったのですが、SNSにもリンクとしてご紹介させていただくことにいたしました。

思いがけないことに深夜にもかかわらず、書き込みやいいね!ボタンを押してくださる方があり、人の優しさに改めて感謝しながら、失礼して休ませていただくことにしました。

受け取ってくださる方からの書き込みをいただいて、ようやく肉体の側の私も安心したようで、身体の中にたまっていたわだかまりがす〜っと抜けてゆきました。ワークを望んでくださる方があること、そしてその方とエネルギー体として交流させていただくこと、なんて幸せなんだろうと改めてかみしめておりました。

(告知だけして寝ちゃうんかい??とおしかりを受けるかもしれませんが、今回のワークは私が手放して力を抜いて望むことが何より大切と思って、休ませていただくことにしました♪)

高次元意識領域の方はとても働き者なので、肉体の私と違って24時間ご注文を受け付けてさばいてくださっているのです。有難い。。

翌朝、ほんの少し起き上がるときに体が重い気がしました。(少しお寝坊したかも。)あれ?と思いましたが、少し喉が渇いていたようで、起きてしまえば、身体も軽く、とても快適に午前中を過ごすことが出来ました。

私は何かに夢中になってしまうと、水分を取り忘れてしまう傾向があるようなので、今朝は常にお水を手元において、小まめに補給するようにしています。

私の中の傾向として、高次元意識とお仕事をしているときに、モードがそちら側にきりかわってしまって、肉体がつい置き去りになる、というパターンがあるようです。高次元も楽しいけれど、今は肉体がある今生だから、肉体を大切にしないといけませんね☆

簡単ですが、以上私の側から見せていただいた慈愛のエネルギーの経過でした。今回は個々の方のチャネリングは行わず、すべてお任せの楽ちんバージョンで展開させていただきました。

近日中に共催ワーク、そして来月には瞑想会もご案内できるかと思います。告知文をコツコツ励みます!

最後までお読みくださり、本当にどうもありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73368442
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック