2013年09月24日

レムリアとお役目について。

レムリアという言葉を教えていただいたのは、確か2005年ごろだったかと思います。そういう言葉があるんだ〜と思って、その頃加入していた某SNSで今のリーブスさんとご縁がつながったのが、今ここにある私の基盤になっているのかもしれません。

2007年のころだったのか、初対面の方の第一声で、『なみさんやっぱりレムリアの方だったんですね』とおっしゃっていただきました。如何にもレムリアちっくで美しいその方がそういうのだから、自覚はないけれど何かのメッセージかもしれない。そう思い続けてもう2013年になってます。

私は相変わらずマイペースで、地球上での過去生はいくつかおぼろげに思い出しつつありますが、レムリアといって思い出すのはレムリア瞑想くらいなのです。

私は何をするのだろう、何かお手伝いが出来るのかな。と思ってワクワクしていましたら、『好きなことをやってみては』そんなメッセージがやってきました。

お、お役目ってキャラじゃないのは分かってましたけど、好きなことをやるだけなんですか?

『何かのために、ということが自然にできる方もいらっしゃるけれど、あなたの今生の請願はやりたいことをやりたいようにやるということでしょ。周りを気にせず、あなたの喜びに今まで以上にフォーカスして、あなた自身の人生を満喫することを最優先にして。』

ライトワークって何だろうと最近考えます。誰かを手助けすることもライトワークの一つかもしれないけれど、究極のライトワークって、自分自身を見つめて癒すことだよなあ私にとって。というのが、最近繰り返し届いている、私自身に向けてのメッセージにように思います。

昨日ようやく一斉ワークブログにアップした『超える一斉ワークご報告』でも書かせていただきましたが、私自身がまだまだ癒しを受け取る必要がたくさんあります。

ヒーラーなのに、癒されてないの?とご不安に思われる方もあるかと思います。私は悩んだり、癒しを受け取ったりすることも、ヒーリングに携わる者の、大切な仕事の一部だと思っています。自分自身でも悩みや逡巡を経験し、自分の中の癒しが必要な個所を見つめて、そこに癒しを届ける努力を続けている。その経験を通して、寄り添えるシーンもあるのかもしれないと思っています。

とはいえ、あまりに不安定になってしまったら、施術者としては問題ありですね。今のところ、定期的にスーパービジョンを受け取らせていただいたり、自分の問題に向き合うためのワークを受け取らせていただくことで、きちんとお仕事が出来る自分を維持できるように努めています。

時によわよわになってしまう私は、癒しのお手伝いをする資格がないのでは。そんな風に思い悩んだ時期もありました。正直に言うとそう思い悩んだ時期は長かったです。でも、8月末から9月にかけて、とても色濃い日々を過ごすことが出来ました。(そういえば、あ麻理ブログにアップしてこなかった。。)

随時自分の中で見つめてゆき、再度自分の中にしっかりと落とし込むためにも文章にまとめられる部分はまとめてゆこうと思います。ワークとして学びを反映させて、より良いお手伝いが出来るようにすることもできますね。今この文章を書いていて思い出しました。よかった!

今の私がここにあることをしっかり受け止めて、喜びに向かって心を開いてゆく。そのことの大切さを今あらためて実感しています。私の目の前にある現実を喜びを持って受け入れて行けたらいいな。

とりとめのない文章になってしまいました。最後までお読みくださり、本当にありがとうございました☆



posted by e-aprico@杏の木 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76447014
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック