2013年10月08日

10/6瞑想会ご報告その2(高次元?でもそのままの私)



昨日10/6遠隔瞑想会のご報告をさせていただきました。その中で高次元が立ち入り制限中なんです。。という文脈でお話しさせていただいておりました。

本日午後サポートワークを受けさせていただく機会がありましたので、高次元との分離感について、相談してみました。

なんだか高次元が忙しそうで、立ち入りが制限されているように感じてしまうんです。。というお話をお伝えすると、早速調整してくださいました。

私が高次元の部分とつながってしまうのが怖くて、小さくしょぼんとしてしまったのも一因のようです。

3次元の私と高次元の部分との過剰なバンダリに癒しを届けていただきました。大分しゅるしゅる溶けて行ったようです。まだ続いているのかも。
高次元の私の姿を時折垣間見ると、なんだか自分と思えなくって、どうも、こんにちは〜。なんて、他人行儀な挨拶をしてしまっていたのですが、それも私の力みや頑なさの表れだったのかもしれませんね。

どの辺までが私の本体で、どの辺から守護してくださっている方々なのか、実はまだよくわかっていないのですが、今はあまり深く追求することなく、力を抜いてゆけたらいいなあと思います。

『何物でもない私』という存在感を自覚することをお手伝いいただいたので、時折この何物でもない私モードになって、そのままの私、ありのままの私を感じてゆこうと思います☆
夏のススキ.jpg


他のワークも告知が出来るようにゆるゆるしながら、頑張ります☆
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77757844
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック