2014年04月29日

信州の春

陰陽師・大地のワーク、ご案内を更新いたしました〜

もうじき5月になろうかという頃ですが、山沿いでは時折桜の木に出会います。山の斜面に咲く山桜が、とても美しいこの季節、高原の公園までお出かけしてきました。
木蓮小.jpg
遠くに見える山の頂には残雪がありましたが、道路脇はもうすっかり雪解けが進んだようでした。途中見事な桜並木もありましたが、私が今日心惹かれたのは木蓮の白い花でした。
まだ少しひんやりとする高原の空気の中、葉に先駆けて白い花をつける。山桜の華やかさとも違う、タンポポの可憐さとも違う、白く曇る空の下の白い花。なぜかその姿に強く惹かれてうっとり見とれてしまいました。

人生の春はいつだって迎えられるよ♪という言葉がありますが、私にとっての春を私なりのやり方で迎えればよいのだ、そんな気持ちにさせてくれた、春の一風景でした。

峠に向かう街道沿いにおそらく地元の方が植えたのかと思われる木蓮たち。長い冬を越えて、ようやく木蓮の花が咲くとき、目に沁みる美しさだろうと思います。

4月のまだ、3分咲きのころに出会えて、本当に良かったです。木蓮の若葉が出る前に、再び再訪できますように。。

5月の瞑想会、絶賛企画中です!お日にちが決まりましたら、先にお日にちだけでも告知させていただきますね。

最後までお読みくださり、本当にどうもありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/94734413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック