2018年11月18日

安心できる空間で

今日はしおだ桂子さん主催のイベントに参加させていただいております。赤い布と戯れつつ、伸び伸び過ごさせていただいてます。

そして、最近更新されたリーブスブログの、「内省の有効性について」を何度も読み返しています。

創造性に、今まで思ってもなかった視点をいただいて、読み返しながら何度も新しい発見をいただいています。少し背伸びが必要な文章って、その時の自分に響く箇所から受け止めてゆけるので、自分のペースで昇華してゆけるのかもしれません。

続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月16日

思い描いた以上の未来

シナモンロールに挑戦すること4度目。前回までの試行錯誤を踏まえて、この辺り、というレシピで作ってみました。ちょっと成形に苦労したけど、先ほど冷めたばかりの物をいただいたら、過去最高に私の好みにできあがりました。

ひとまず成功、なのかもしれないけれど、感動するほど美味しいわけではなかったのです。自分の作ったものに心動かされるなんてことが早々続かないとは思うのですが、よく頑張ったね、と自分をねぎらって行こうと思います。

美味しいご飯をつくる方のこと、私は本気でアーティストだと思っているので、その佇まいを拝見するだけで感動しちゃうのです。ご自身の中の繊細さを具現化して、それを商品として提供できるって素晴らしいことだと思います。私も目に見えない「エネルギーワーク」を提供する側なので、彼らの自己鍛錬やご尽力を見習わなくてはです。
続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月15日

シナモンロールが教えてくれたこと、その後

特に続き物、というわけではないのですが、前回の投稿で、自分にとっての好みを追求していったら、思いがけなく幸せが降ってきた、というお話をさせていただきました。

今回はその後。魔法のように美味しかったシナモンロールは、「冷めたばかり」、というパンの世界のマジックアワー的なスペシャルタイムに因るところが大きかったようでした。翌日あたためなおしたら、うん。まあ美味しい。。というくらいに落ち着いていて。でもその後いただいた葡萄パンの「冷めたばかり」はやはり刮目するほど美味しくって、自宅で焼くパンの醍醐味をいただいている感じでした。シナモンは全体に散らばるより、ぎゅっと濃縮して折り込んだ方が良いのかも、とベーグルの真ん中にシナモンバターを練り込んだりして、小さな工夫を楽しんでます。
続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月11日

シナモンロールが教えてくれたこと

いつからか、「多くの方に」とまだ思っていた自分がいたことに、ようやく気がついたのは数日前。いやいや、そこじゃなくて、私の好きと楽しいとをもっと追い求めていった方が良いんでない?という、至極まっとうな当たり前のことを見過ごしていたのでした。

当たり前のことのようですが、そんな思い込みとしがらみが自分に合ったことに気がついただけですっごく気持ちが軽くなり、よーしシナモンロールを作っちゃお、と作り方を検索してみました。

卵やバターを生地自体に混ぜ込んでふわふわにするレシピが多く、いやいや、と自己流アレンジ。黒糖とバターとシナモンでペーストを作って、1次発酵を済ませた生地に乗せてくるりとまいて6等分。ドキドキしながら焼いてみたら、とっても美味しくできあがりました。
続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月08日

心地良さって人それぞれ

昨日から編み物に夢中です。こんなに楽しかったのか!というくらい嬉しくて。手首が腱鞘炎になりかけてるので、右手首に負担をかけない編みフォームをあれこれ工夫中。ぽちりと購入するときに嬉しくってふるえたほど好きな編み図なのですが、その費用対効果は恐るべし。。1着目はのんびりゆっくり半年ほどかけて編んでおりましたが、今回はも少し早く仕上がりそう。

夏の終わりくらいからか、「遊びなさい〜」というメッセージが来ていて、ん?遊ぶって何をどんな風になんだろう、と自分なりに試行錯誤してきました。ちょっと贅沢ってことかなぁと、「えぃ!」っていう出費も試してみましたが、嬉しさはあるけれども、その後の帳尻合わせも含めてかえって心の負荷が増える感じ。私にとっての「遊ぶ」ってなんなんだろう、何が一番しっくりくるのかトライアンドエラーの日々でした。



続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記