2011年11月08日

昭和の着物&朝ドラの一風景

今回の朝の連続ドラマ小説「カーネーション」は洋裁に情熱を燃やす女性のお話ですが、キモノの文化が今だ色濃く残っていた昭和初期の着こなしに、すっかり目を奪われています。

普段着着物が復権しつつあるとはいえ、またまだ洋服が席巻している現代日本。お出かけ着、およそ行き、としての非日常の装いとしてではなく、朝起きて夜寝るまでの生活に密着した生活服としての着物。今日も主人公が街中を闊歩するシーンの中で大勢の方の着姿が☆着流しに帽子の若い男性やら、割烹着の下に阪神柄?のような黄色い大柄な着物を着ている女性♪そんな中でひときわ目を引いたのが膝丈キモノ&裸足で闊歩する後姿の女性でした。

続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物の周辺

2011年10月29日

虫干し一段落。。

本日2つ目の日記*着物の周辺*です。

木曜日の夜、地方放送でニュースを見ていましたら、長野県広域で晴れマークが出ていました。地域ごとは?と思ってみていますと、長野県全域、終日にわたって晴れマーク。曇りマークすら私の見た限りない?ようでした。

金曜日はほかの用事で過ぎてしまったのですが、夜寝る前、鏡を見てみるとあまりに湿度が少なく、顔が粉を拭いていました。こんな日和には衣替えのチャンス☆

10時を過ぎると湿度がより下がるそうなので、今日は洗濯をお休みにして、室内で着物や帯を陰干しをすることにしました。

続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物の周辺

2011年07月27日

久しぶりの浴衣☆

昨日、マヤ歴での新年、とのことだったので、この夏はじめての浴衣に袖を通しました。震災後、着物を着る気分になれずにいたので、3月以来のことです。浴衣は2枚を残して被災地に向けて送ってしまったので、縞木綿とアジサイ柄の2枚だけ。新年らしく?紺地のアジサイ柄で出かけることにしました。

竹の柄のうちわをフル活用したのにもかかわらず、平織コーマ地の浴衣は暑かったです。でも「涼しげですね☆」と声をかけていただき、恐縮のあまり冷や汗をかいてしまいました☆


続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物の周辺

2011年02月02日

ようやく指貫!

縫い物のお話です。

手縫いでちくちくをしていく上で、年上の方から驚かれたりします。指貫を何で使わないの?というのは、使い慣れた方からしたら驚きのよう。

今までは使えたらカッコイイだろうなあと思いつつ、通ぶって指にはめてはみても、指輪状態。。指の力だけで針を動かすほうがずっと楽だったので、厚手の布、3枚、時には4枚重ねの布を縫う時も指先だけで縫ってきました。

指や肩への付加を感じ始めたのは針よりもはさみの場合でした。それはある日の午後のこと。
続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物の周辺

2010年12月16日

たけのこ風

ウールの着物を愛用しております。自宅で洗濯できるかと思うと、本当にほっとします。

薄手ウールの着物は気軽に着ることが出来てよかったのですが、流石に今日の冷え込みでは寒い感じ。近くのスーパーまでだったので、もう一枚着物を重ね着することにしました。

続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物の周辺