2019年12月31日

喜びはここに

〜〜12/31〜1/3【無償ワーク】無条件の愛のヒーリング1/8【有料一斉】ドラゴンシャーマン新春版をご案内中です〜〜

本日2つめの投稿です。
今朝、日付が変わると同時に、12/31〜1/3【無償ワーク】無条件の愛のヒーリングのご案内を開始いたしました。ブログをご訪問くださった方に、無条件の愛のヒーリングをお届けいたします。心惹かれる方はぜひご訪問ください。

今回、無償ヒーリングを開催する際に、告知と同時にお届けできたら、と思い、予約投稿の機能を使わせていただきました。始まる10分前から自分のブログを確認して、日付が変わると同時に、何度も再読み込みをして、公開されたか確認。10度ほど、読み込んでもエラーになってしまうので、慌てて再度ログインしなおしたら、無事投稿が完了しているという。慌てふためく自分が少し愛おしくもありましたが、無償ワークとはいえ受け取る方にとっては大切な機会なので、より丁寧に準備したいと思います。

今、私自身も受け取ってみましたが、今何が必要かを感じながら組み立てたので、足りない部分を満たしてくれる感じで、じわりとしみ込んでゆくようです。今の私の状態を丁寧に観察して何が必要かを感じてゆくプロセス、これからも大切にしてゆこうと思います。
続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

12/31〜1/3【無償ワーク】無条件の愛のヒーリング

2020年は地道な努力が大切という意味合いの投稿を繰り返し目にしております。私という人間が肉体を持って地上で生活できることの奇跡を思うと、毎日生きているだけでも実は沢山のミラクルが起きているのだなあと改めて感じています。

嬉しいときもストレスになるという説もあるようですね。良いことが沢山あったときも、落ち込むことがあったときも、特に何もなく繰り返しの毎日が過ぎてゆくときも、いずれの日にも自分にいたわりとねぎらいとは必要ですね。いたわりやねぎらいが必要なときこそ、その大切さをうっかり忘れてしまっている気がします。

ふと立ち止まって、ご自身の今の在り方を内側から感じてみるひとときを持つことも豊かなぁと思います。深呼吸をして身体の隅々にまで酸素を届けるように、あなた自身にいたわりを届ける一助として、この機会にお手伝いさせて頂きます。

今回はお申し込みフォームへの記入は必要ありません。期間内、こちらのページをご訪問頂くことで、お受け取り頂けます。
_____________________________________________________
タイトル:【無償ワーク】無条件の愛のヒーリング
期間:2019年12月31日0:00〜2020年1月3日11:59迄
お申し込み方法:期間内にこちらのページをご訪問頂くことで、お届け致します。
お申し込みフォームなどへの記入は必要ありません。
今回はご本人さまからのお申し込みに限らせて頂きます。
注意事項:このヒーリングは医療行為やそれに変わるモノではありません。
お受け取り頂く方によって、感受性が異なるため、ヒーリングの効果の現れ方も異なります。
_____________________________________________________

シロツメクサ公園
ご縁があります方に。最後までお読みくださり、ありがとうございました。
posted by e-aprico@杏の木 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞑想会・一斉ヒーリング

2019年12月30日

『失敗』を柔らかく受け止め中

〜〜1/8【有料一斉】ドラゴンシャーマン新春版をご案内中です〜〜
新春版として、ドラゴンシャーマンを一斉ワークとしてご案内中ですが、12月31日から1月3日にかけて、無条件の愛のエネルギーでの一斉ワークをご案内予定です。投稿予約をするのは久しぶりなので、きちんと設定できたのかドキドキです。12月31日の早朝0時から公開予定ですので、気になる方はお立ち寄りくださいませ。
  ===   ===   ===   ===   === 
年の終わりの用事を少しずつこなしております。簡素化できるところは簡単に、を心がけたはず。しかも、私にしてはいつもよりサクサクこなせてるなぁと我ながら感心しちゃうほど。それなのに、思い描いていた歳末の用事の半分もこなせていない。理想を高く持ちすぎなんだなあと冷静にみつめながらも、それを自己嫌悪の材料にしない自分もいて、今年の私、エライ!と自画自賛しております。

世の働き者の皆様に比べたら、ほんのぽっちりしか動いておりませんが、いつもより身の丈ですごせてるのかも、と自分のことを『よしよし』とねぎらっています。
続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記