2018年08月21日

一つ目の蕾

〜〜杏の木による封印解除、残り若干名様モニター様募集中です〜〜
春にダークグリーンとさんざん迷ったあげく、えぃっと購入したミントグリーンのコットンシフォン。
途中まで縫っては熟成を繰り返すこと2ヶ月、お盆の帰省の時も自宅に持ち帰って少しだけでも縫いすすめようと思ったのに、一針も進まず。昨日ムーミンのトランクと友人とのやりとりを通してに小さな絵を描いたのをきっかけとして、再び縫い始めることが出来ました。

何でこんな華やかな色を?とずっとよく分からなかったのですが、同系色の針刺しを新調するし、同じ色合いのこんにゃくスポンジも購入するし、先日買ったアルバムの封を切ったら、同じ色が使われているしで、シンクロ苦手な私でも、こんなに重なるとこの色が必要なんだなあとようやく分かるという感じ。
続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月17日

手から離れるときに

15日の朝、一枚のメモをゴミ箱に捨てました。ネットでたまたま見かけた即席漬けのレシピだったのですが、手から離れてゆくときに不思議な感覚があったのです。

褒められたくて、美味しいねって言って欲しくてつくった料理が今一つだったというだけのことなのですが、いつもと違う感触だったので、あれ?と新鮮でした。

実は?分析好きの私。自分が体感したエネルギーなら、誰はばかることなくたぐりよせられます。さっと感じたのは「愛」でした。あれ、普通に考えたら、執着とか自己顕示が先に来るのでは?と思ったのですが、なぜ愛の言葉を先に感じたのか。その日の午前中に一人の時間を持つことが出来たので、その時のことを改めて思い返してみました。
続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月08日

新たな封印解除ワークのご案内を開始します☆

〜〜杏の木による封印解除のご案内を開始、只今限定モニター様募集中〜〜
封印解除ワークを新たな形でご提供いたします。ここまで長い道のりでしたが、無事たどり着いて良かった〜。
対面にてワークの構築をお手伝いしていただく中で、一番印象的だったのは、「封印に貴賤無し」なんですよ、との言葉でした。

私も以前は「封印」を「解除」するとかいう言葉の並びが少し苦手で、私には縁遠い世界かと思っていたのでした。でも、ワークをして行くと、う、これは??という存在に出会うことがしばしばあって、これは封印??と封印解除をすることで先に進めたりします。そんなことの繰り返しの中で、意外と身近なところにも、そして、私自身の中にも繰り返し浮かび上がってくる物であることを理解して行きました。最初はえ??と思っていても、自己受容を続ける度に折に触れ浮上してくる封印達。最近は名前は怖いけど、実際の対象は怖くないよね!と以前私自身が抱いていた偏見は大分小さくなって行きました。
続きを読む
posted by e-aprico@杏の木 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記